TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菜畑山

2014-11-21 | 写真日記

横浜から道志村に移り住み、まもなく2ヶ月になる。
ゆったりした村時間に慣れ、山奥の村特有の不便さにもなんとか慣れて
周囲の美しい自然をたのしむ余裕もでてきたところ。。。

国道に沿って流れる道志川を彩る紅葉も盛りとなった11月初旬、
見上げる山の紅葉が終わらないうちにと、菜畑山に登ることにした。

菜畑山へは、曙橋から登るのが一般的のようです。私も以前に登ったときは、
曙橋から細い林道をクルマで上がりました。しかしこの林道は舗装されているものの

 道幅が狭く、木の枝が散らばっている悪路で、

その枝を片づけながら進んでいくうち、これなら
歩いた方が早いとクルマを路肩に置いて歩きました

 

 

家の前から眺める菜畑山、山頂は雲にすっぽり蔽われて、雨もポツポツ
残念な天気だけど、登山口まで歩いていけるんだから気にしない~

 

  

   

R413和出村バス停向かいの「にいつ商店」横から、細い舗装路の坂道を上っていくと、
畑と民家のある丘になって、見下ろす景色には道志川の向こうに中学校の校舎が見える。

 

  道のわきに、ひときわ鮮やかなピンクのダリアが一輪。
庭から逃げ出してきたのだろうか、あたりに明るさを放っていた。

さて、登山口はどこだろう、、、きょろきょろしながら歩いていくと、民家の入り口に道標があった。

  

道は薄暗い杉林の中へと真っ直ぐに続いている。

道の中ほどに来たところで、何だろうと見てみたら痩せこけた野ネズミだった。
目のふちに血が付いているところから、何かにやられたのかケガしていて
死んではいないけど、動く様子はなくダメージがひどいみたい。可哀そうに。。。

 

  

道の突き当りに獣除けのフェンスが設置され、扉近くの幹に菜畑山の貼り紙。

 

  

フェンス扉を開けると、あまり歩かれていない心細いような道が、杉林の奥へとつづいている。
道は小沢に突き当たって右に折れ、沢に沿って上がっていく。

 

  

登山口から15分ほどで薄暗い人工林から解放され、明るい広葉樹の林に出た。

 

落ち葉が敷き詰められた樹林をしばらく行くと、曙橋からの林道に飛び出す。

 

  

立ち止まって何をしているかというと、

 

道の中央で微かにゆらめく天然のジュエリー発見!
蜘蛛の糸と雨の雫がつくる繊細で美しい自然のジュエリー
このままそっと、デコルテに飾ったら素敵なんじゃないかしら、、、などと見とれてしまった。。

 

かわいらしい黒い実はアオツヅラフジかな??

 

曇天の空からは時おり雨が降るあいにくのお天気だけど、

 野菊も咲いてくれてたし
たまには雲の切れ間から陽も射し込んで、光を投げかけてくれた。
私たちの他には歩く人もいない静かな山道、、。

 

  

熱いお茶とおにぎりを食べて降ってきた雨をやりすごし、林道をしばらく行くと菜畑山への山道となった。
ここからは檜の植林帯を緩やかにアップダウンしながら進む。

 

檜から広葉樹に変わってくると山頂が近い。地面はふかふか落ち葉のクッション。

 

まだ葉を残している樹もあって、きれいに紅葉している。

 

    

や~っと山頂(1283m)
一年ぶりの山歩き、体力もめっきり落ちて歩くスピードも遅く、すごく時間がかかったけど、
なんとか山頂を踏むことができた。右の写真は8年前に登ったときのもので、天気がよく
展望ばっちり、富士山も見えたのだが、この日はガスって展望無し。

 

さて下山は、広葉樹から杉の植林帯に変わったところから、その昔、まだ里山が人々の
暮らしに機能していたころ炭焼きなどに使われていた道で、ここを降りてみることにした。
「ほら、うっすらだけど、道の跡が残っているでしょ」
「えっ!どこ?」
しかし、よ~く見ると、ホントだ。なんとなく道らしきものの形跡がある。
けど~、膝が笑っちゃうような急斜面、最後まで降りれるかなぁ、、、。

日暮れが迫る山の斜面、足元に散らばる枝を拾っては投げながら先を急いだ。
来たときの登山道を使うより、早いかもしれない。
木立ちの間から民家の屋根が見えはじめ、走るクルマの音が聞こえてきて無事下山。
降り立ったところは登り口より山中湖方面に行った保育所の裏手。
すぐに「どうしみちR413」に出て、10分ほど歩いて出発地点に戻った。

小雨の中の歩きだしながら、たいして濡れることなく山行を終えることができてよかった。
まだ万全ではない体調ながら、山頂まで行くことができたのが喜ばしい。
山のスピリットを全身で感じ、それらに守られていると信じることで気分は高揚し、
歩みに変換できる。山って不思議、そして楽しい

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 紅葉の遠見尾根 | トップ | 春の里山散策 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
道志村へ (はなねこ)
2014-11-22 14:31:29
わぁ  道志村へ引っ越されたのですね。
それも菜畑山のお近くですか~?
山中湖あたりへ出かける機会が多いので、道志は身近に感じられるんです。
山が近くていいところですね。
wakanga さんの道志便りを楽しみにしていますね。
山に囲まれた小さな村 (wakanga)
2014-11-25 09:44:45
はなねこさん、いらっしゃいませ~
そうなんです、道志に来てまもなく3ヶ月が経ちます。
これまでとまるっきり環境の違うところで生活する不安も
ありましたが、何よりよかったのは村の人たちがフレンドリーで、なにかと優しく接してくださるので、救われました。
部屋の窓からも見える山々の景色や、道志川沿いの風景など、心和む自然がいつも近くにあるのが励みになっています。
山中湖へはクルマで30分、付近の山も、以前と比べ近くなりました。
そのうち、はなねこさんとバッタリお目にかかれる日がくるかもしれませんね~
見かけたらお声かけてくださいね~よろしくお願いします(^_^)/
Unknown (miki)
2014-11-28 19:20:52
Wakangaさん、登頂、やりましたねU+2600(*^^*)U+2934
マイペースで楽しみましょうねU+1F3B5
久々の山 (wakanga)
2014-11-29 18:17:21
mikiさん、や~っと登ってきました~(^_^;)
病気する前は毎週どこかの山へ登っていたのが、
一年も間があいてしまい、思うように歩けなくて
すごく時間がかかりました。
体力、筋力、ともにすっかり落ちて、自分ながら歯痒いこと、、
それでも、なんとか山頂まで行かれたのは嬉しいことでした。
いやはや、健康でいることって、ダイジですね~
はい、マイペースで、、、そうします(^・^)
わぁ~い(^^♪ (ピカリ☆)
2014-11-30 20:28:09
ヤッタ~~( ゜▽゜)/ これは今秋登られた記事ですね~~!
そっか、道志だと菜畑山には裏山感覚で登れちゃうんですね~(^v^)
地元になると次第にプロ仕様のバリルートも覚えたりして、これから楽しみですね~(^_-)-☆

一年ものブランクのあと、どうかなと・・ずっと心配してましが、
やっぱりwakangaさんらしさ 変わらずで~~☆ 嬉しかったです~!!
こんなふうに、より身近となった山の自然と親しむうちに、
徐々に体力取り戻していかれそうですね~~(^◇^)

でもでも、くれぐれも無理なくのマイペースでね~(^。^;)
これから四季折々~道志の山里からの発信をすごく楽しみにしています~~~♪♪









元気玉、ありがとう!!! (wakanga)
2014-12-01 17:23:25
ピカリ☆さん、おかげさまで、山歩きを再開することができました。
こうして再び山に向かうことができたのは、ピカリ☆さんはじめ周囲のあたたかい励ましによるものです。
ピカリ☆さんが放ってくれた元気玉が、心の灯台となって闇を照らしてくれました。感謝の気持ちでいっぱいです!!
ココロとカラダ、どちらもバランスよく元気でなければだめですね~
はい(^_^)/無理せずマイペースで自然を楽しんでいきます!
Unknown (ユメル)
2014-12-09 17:32:38
おぉ!(^^)/ いつのまに 翠さん 歩かれていたとは!!

いつでも 森を 歩けるところに いるなんて
最高だろな~☆彡

私も もっと元気になる予定なので
ベストタイミングで 一緒に 歩いてね(^^♪

お互い・・ゆっくり いきましょ♡
楽しみ~~♪ (wakanga)
2014-12-11 17:10:35
ユメルちゃん、このたびはどうもありがとう!
すぐにでも飛んでいきたいくらい、メールから伝わる不思議な癒しのパワーに救われました!
だから、実際にお会いして対話できたらどんなだろうと、
ますますお会いしたくなって~、ぜったい会いに行きます。
よろしくお願いしますね!

すっかり体力が落ちてしまって、自分でも情けないくらいゆっくりしか
歩けなくってショックでしたが、それでも山に身を置くことの心地よさが
再び体感できてほんとうによかったです。
元の体力が戻るにはしばらく時間がかかりそうですが、
焦らずゆっくりトレーニングに努めたいと思っています。
そしてそして、ぜひぜひユメルちゃんと山歩きをご一緒したいです。
針葉樹の森、広葉樹の森、木によって森の表情も違い、
それら一本一本の木と交信しながらトレイルを行く楽しさを
ユメルちゃんと共有したいです♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。