わじゅ カタル

山里・龍昌寺

2017-07-06 21:57:19 | 日記

 昨晩七尾の友人一家が孫たちもつれて蛍を見に来た。あいにくお月さんが煌々と輝いており、暗闇に明滅する妖しい様相をたのしむことはできなかったが、それはそれ。幼きものたちが歓声を上げて追いかけるさまも、またいいのである。

 

 大蛍ゆらりゆらりと 通りけり  一茶

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラーム文化 | トップ | サラダ記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事