きまぐれ和次朗日記帳

あわてないと思っていても
ついついあわててしまいます
酒でも飲んで唄でも歌いながら
ぼちぼちいきましょう

記憶 ~阪神淡路大震災の朝の光~

2011年04月29日 | ひとりごと

東日本大震災から50日が経過しました

書き込みしていた矢先に東日本の大地震、大津波、福島原発事故が発生した

しばらく止めていたものをUPしました

 ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥

 あれから16年も経っているのに今更ではあるがやっぱり書いておきたい事がある

1995年1月17日火曜日の夜も明けぬ時間 週一度の火曜日の早朝仕事のあった日

 500km以上離れている新潟県の海岸沿い町から遠くの光が見えた

その当時他人に話しても信じてもらえ無かったので封印していたが‥‥

当日はまだ真っ暗な時間です

真直ぐ坂を下り右へ曲れば寺泊水族博物館(現・長岡市)

下りの坂道を運転中遠くの方で青白く明かりが光った 

山並みのシルエットがはっきりと見えた 雷かとも思ったが音が来ない

昼に撮った写真には遥か「焼岳」「妙高山」などの2400m級の山が見える

その先には「白馬岳」「立山」など3000m級の北アルプスの連なりがある

方角は「神戸」辿り着く

関西でも発光現象があったことは知られている

 地球の丸みを計算に入れると高度一万メートル以上の光になる

光の速さは秒速30万km弱 その瞬間に届いてしまう光を吸収する電子や原子が空気中に多く存在するのを考慮しても地殻の起こしたプラズマの力はそれをはるかにしのぐと思われる

 新潟中越大地震の時も夕方の暗い時間 揺れる少し前に震源地方向が明るくなったのを当時高校生の長男が見ている

私は残念ながらスーパーマーケットの中にいたので見れなかった

地震の揺れで「地震酔い」なった事は覚えている

 ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥

東日本大地震の時は明るい時間でした

信じられないような力が放出されたんだと思います  

まだまだ被害の全容がわかりません

ただただ心痛みます

コメント

田んぼと桜

2011年04月27日 | 花の便り

越後平野の桜はようやく満開

人手のあるゴールデンウイークに間に合わせるため急ピッチで田んぼが耕されている

東日本大震災で作付けできなくなった福島、宮城の米を一万トン以上 肩代わり生産することも決まった

3月12日に震度6強の地震で大きな被害をうけた県境の長野県栄村は田んぼの雪がようやく消えはじめた 甚大な被害も露わになってきた これも心痛む

この桜散り終えて 越後平野に 青々とした田植えが始まる

 

コメント

大きなメンマのラーメン ~三条市 福楽~

2011年04月24日 | ABCグルメ

メンマがすごいラーメン屋さんということで一度行ってみたかったお店

燕三条インター近く国道8号線の須頃交差点 新潟より一個目の信号右折すぐにある

チャーシュー麺にメンマトッピング(750円+150円)を注文

チャーシューは赤肉系と脂身系の2種類で半分ずつにしてもらった

普通のラーメン(600円)でもチャーシュー2枚にメンマが5,6本あるようだったので

それでも充分だったかも‥

燕三条系の特徴の背油はかかっていません

チャーシューは味付けをあっさりしてありこれもおいしい

メンマが大きい 1センチ以上の角で5、6cmはある 食感もいい

メンマは単品でビールのつまみに最高に合いそうです

 

コメント

アオキの花も咲いた そしてタンポポと蛙

2011年04月21日 | 花の便り

昨日のブログでアオキの実を載せたが

今日見たら花も咲いていた

 

町のあっちこっちにいろんな花が咲いているから

目移りもしてしまうが‥

ちょっと目線を変えてやれば

タンポポも咲いている 去年の松ぼっくり そして小さな蛙が隠れている

コメント

庭に咲いたアオキの実

2011年04月20日 | 花の便り
真っ赤な赤い実を秋から冬にかけてつけている
冬の殺風景な日常に鮮やかに緑の葉と赤い実が浮き上がる



葉が年中 青々としているから「アオキ」というらしい
日本の古来種で北海道から沖縄まで見る事ができる



写真ではまだ花は咲いていませんが
5月頃までに咲きます
実の艶やかさに比べると質素です



花言葉は以外にも「永遠の愛」「初志貫徹」
コメント