和雅音 <<wageon>>

住職のひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慚愧と歓喜

2014-06-19 00:12:16 | 日記・エッセイ・コラム

Cimg1160

 正覺寺では、偶数月の16日に、「仏法庵」と称して、主に男性を対象として、本願寺出版社版の「仏事のイロハ」を用いての勉強会。また、奇数月の16日も、「慈光庵」と称して、主に女性を対象に、「書いて味わう御文章」を行っています。
 昨晩は、「仏法庵」がありました。はじめてもう、2年以上経つでしょうか。最近は、メンバーも固定してきて、御新規さまは、長いことありません。
 この日は、岐阜別院常例布教を午前午後とさせていただいて、その夜の7時より、「仏法庵」です。一緒に仏事のイロハを読んで、その内容にまつわる様々なお話を思い思いに、口にします。
 普段は、なかなかゆっくりお話をする機会もないので、私にとっても貴重な時間です。
 「仏法庵」「慈光庵」と、毎月の常例法話会、日曜学校と、定例の催しをしていて、主催者側として気になるのは、やっぱり参加人数です。今現在は、決して多いとは言えない状況です。しかし、この少なさが、私に教えてくれたことがあります。
 「今あることに感謝する」という、当然といえば当たり前のことを見失っていた自分に、気付かされました。なかなか、人数が増えない。誘っても来てもらえない。そういうことにばかり心を奪われ、今ここにある尊いご縁を忘れていたのです。
 そのおかげさまで、今は人数はまったく気にせず、続けています。紹介やお誘いは、当然平行して行いますが、それによる一喜一憂は、なくなりました。
 

 浄土真宗のご縁をいただき、自らのなすべきことを問うていたとき、蓮如上人のお伝えくださった「ひとりでも信を得たならば、それが一宗の興隆である」とのお心を目標にしようと思ったことをあらためて気づかされたことです。

「今ここにある出遇いを尊いご縁と喜ぶことが、転じて我が思い上がりの内なる罪悪性に気付かしめる」

 私の阿弥陀仏との日常生活において、「慚愧」と「歓喜」は、テーマのように、私の心に漂っています。そして、そこにはもう一つ「あまえ」があります。
 古来、浄土真宗において、阿弥陀仏を「親さま」と親しみを込めて、呼び習わしておりました。子は、親に甘えるものです。自分が悪いと頭では分かっていながら、その自分を最後には許してくれる親としての存在に、子は甘えます。この「親」という喩は、すべての人に共通する感覚ではありませんが、親を阿弥陀仏に当てはめるのではなく、阿弥陀仏の慈悲を命の親としてとらえた時の子の態度を示したものです。
 この親の慈悲の心に触れたとき、子は少しずつ育てられ、最初は理解できず、突っぱねるだけであったのが、自分のことが少し恥ずかしく思うようになり、心の中で「ごめん」と思うようになります。そして、その思いは、行動へと転ぜられ、心の変化を促します。この変化は、「あまえ」がある故です。あまえられる相手があるからこそ、人は変わっていけるのでしょう。そして、大切なのは、我が心に至り届いている原動力としての「おもい」です。
 阿弥陀仏の「おもい」は、わたしの心へと至り、原動力となってわたしの方向を転じていきます。そして、私の存在を全面的に受け入れ、その命を支えます。阿弥陀仏が「そのまま」うけとめてくださるのは、このわたしの存在そのものであり、命そのものです。その絶対的な存在肯定にあまえる私は、その思いに触れるたびに、少しずつ自分が恥ずかしくなり、少しずつ心の中で「ごめんなさい」と思うようになります。そして、この思いは阿弥陀仏の「おもい」であることに気付かされていきます。その阿弥陀仏の「おもい」に突き動かされ、私は心を是正していく努力をするようになります。その発露たる行動を是正していこうとします。そして、そのたびに自らの根源的欲求と阿弥陀仏の「おもい」との落差に愕然とします。そして、また「あまえ」ます。
 文章にすると、どうしても前後が出てしまい、時系列のような表現が現れてきますが、これらの変化は、すべて同時進行といえるでしょう。慚愧と歓喜とあまえと許しとが、渾然一体となって、私の命を導いていきます。
 

 話は変わりますが、いまはやっている歌の歌詞に「ありのままの自分でいいの」という言葉があります。この言葉を聞いたとき、私は「なにをもってありのままの自分とするのか」ということを最初に思いました。よく「本当の自分」「そのままの自分」という言い方をしますが、それは結局のところ、性格や行動、性別等、変化しうるものを細分化せず、すべてを対象に言っているように思います。元来、命の存在において、その内包する本質による外的発露というものは、千変万化で一定ではありません。特に「人間」という枠組みでは、顕著です。様々な外的内的要因で、変化していきます。ここで言う外的内的要因とは、外からの刺激による内面的な変化、それにともなう内面よりの発露としての言動を言います。また他に、元来本質が備え持っているものによる内面的発露も存在します。どちらの内面も、命に内包される本質が備え持つ様々な要因による発露にほかなりません。そして、その発露も自己中心的な欲求による許容されるべきでないものと、根源的な内包による許容されるべき発露があることを知らなければなりません。つまるところ、その本質ではなく、変化しうる外的内的発露を細分化することなく、すべて「そのまま」でいいということは、変化を放棄することであり、すべてを許容してしまう危険な考え方のような気がします。
 命の存在の絶対的肯定は、その変化しうる発露ではなく、私のいまここにある存在そのものであるということです。そしてその本質を肯定したうえで、様々な影響を受けて表出される私の発露は、阿弥陀仏により許容されるべきものと、許容されざるべきものとにわけられます。その結果、私の心には、「慚愧」と「歓喜」の感情が浮かび上がります。

 この本質ともいうべき命の存在そのものも、私たち人間は、感知することができません。それを感知できるのは、その存在の本質そのものから一切の発露の源を除去することに成功し、その本質の根源へと昇華していった「佛」と呼ばれる方々だけです。
 いま、ここで「本質」という言葉を用いていますが、適当な言葉が浮かびませんので、仮に「本質」と書かせていただいております。いわゆる「霊」や「魂」といった意味のものではありません。また、変化しない絶対的なものでもありません。本質もまた、変化していきます。故に、「佛」になることができるわが命であります。しかし、その力は、現代の人間にはないと、親鸞聖人はお伝えくださいました。
 佛の智慧の眼の一端をお聞かせくださる様々な教えにより気付かされる世界は、本当に不可思議です。その不可思議な世界を、自分の言葉で表現してみようと思いましたが、なにやら難解な変な文章になってしまい、よかったのか悪かったのか・・・正解なのか不正解なのか。。
 とにかく、今、この私が感じている世界観を表現してみました。いかんせん、言葉には限界があり、文字にしたとたん、そこには閉じた世界が出現します。ですので、誤解をまねく表現や、言葉足らずなことも多いかと思いますが、日記ということで、お許しいただきたく思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史

2014-06-10 22:26:11 | 日記・エッセイ・コラム

 先日、6月6日。浄土真宗本願寺派の御門主様が代わられる「法灯継承式」に、讃嘆衆奏楽員として、出勤させていただきました。まさに、歴史の瞬間に、本山の阿弥陀如来様、御真影様の御前にて、お参りさせていただけたことは、本当にありがたいご縁でした。惜しむらくは、前日の御消息発布式とお夕事に、諸般の事情で、出勤できなかったことです。
 しかし、前御門主様と御門主様の宗門を思うお気持ちに、少し触れたような気がして、ありがたいご法要でした。懐かしい友人にも会え、宗祖親鸞聖人より、連綿と受け継がれてきた、仏法の灯が、今、こうして私たちを導き、共に念仏の大道を歩む御同朋(仲間)として、包んでくださっているのを、感じずにはおれませんでした。
 世の中では、宗教離れが叫ばれている昨今ですが、私は、現代にこそ本物の宗教が必要だと感じています。「宗教」というくくりがあいまいなら、「人を導き、育てる、人を超えたものの教え」とでも言いましょうか。
 御門主様が、「大胆な発想の転換」というような表現を使っておられました。
伝統と革新の融合こそが、現代における課題でしょう。形にとらわれず、かといって、形をないがしろにすることなく、根底を見据えた活動が、必要不可欠です。
 人にとって、「救い」とは、なんなのでしょう。自らの欲望を満たすことが、救いなのか。それとも、その欲望を滅することが、救いなのか。欲望を持ちつつ、それに振り回されない教えと出遇うことが、救いなのか。
 人が求める「救い」は、やはりその「人」の主観による救いです。それは、どこまでいっても、「人」を超える救いではないように思います。
 「人」が求める救いではなく、「人」に対して「与えられる」救いこそ、本物の救いのような気がしてなりません。だから、「救い」とは、「出遇い」なのだと思います。救いに出遇うのです。
 親鸞聖人は、阿弥陀如来の救いのはたらきにであうことを、「遇」の字をもって、お伝えくださいました。「遇」は、「たまたま」と表記され、さまざまなご縁による不可思議な、そして、すばらしい出会いとして、お示しくださいました。
 20年前であれば、何も感じなかった、今回のご縁が、ここまでありがたく、尊いご縁といただけるのも、この長い歳月をかけて、お育て下さった阿弥陀如来と還相の菩薩方のおかげであります。
 私事ですが、2年前の夏に、実父が往生いたしました。その父も、浄土へ往生し、還相の菩薩となって、お念仏となって、この2年間、わたしを育ててくださった。だからこそのありがたいご縁だったのでしょう。
 私は、常に本願寺8代宗主、蓮如上人がお伝えくださった言葉を、心にとどめています。それは、現代の言葉でいえば「一宗派が、興隆するというのは、信者の数が多く、権威があることではない。たとえ一人といえども、本当に救われた人がいれば、それが一宗派の興隆なのだ」という内容です。
 このお心をいただいて、この世の縁尽きるまで、報恩行を務めさせていただこうと、あらためて思わせていただいた、尊いご縁でありました。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰が爆発

2014-06-01 21:26:07 | 日記・エッセイ・コラム

 3日前に、腰が爆発しました。いろんな要素がからんでの大爆発です。もともと、腰痛は、数年に1回ぐらい、激しいのが来ていましたが、今回は特大でした。
 いろいろ考えるに、事の発端は、咳風邪をひき、夜中に激しくせき込んでいた日が数日続いたのが、始まりのようです。少し腰に違和感を感じていました。その後、どうということはないと、ホームページつくりにいそしんでいました。そして、思わぬお葬式が続き、てんやわんやしているうちに、腰が大爆発をおこしました。しかし、ありがたいことに、予定は、キャンセルが可能な予定しか入っていない日が、3日ほど続き、整形外科と鍼灸院のダブル治療で、昨日の本願寺・大谷本廟団体参拝は、無事引率することができました。
 その間は、パソコンを触ることもできず、当然、ブログも更新できずじまいでした。
今日は、ボーズバーの日ですが、まだ立ち仕事は、不可能な回復状態ですので、欠席をさせていただきました。腰に負担のない姿勢で、パソコンに向かっています。
 大爆発というと、いったいどれほどかといいますと、生まれて初めて、腰痛で意識が飛ぶということを経験させていただきました。一昨日の朝、完全に凝り固まった状態の腰を、なんとか動かして、起き上がろうとしたのですが、あまりの痛さに、動けず、かといってそのまま寝ているわけにもいかず、半ば強引に、動き出したのですが、はいずりながら、顔を水で洗い、なんとか立ち上がったその時、視界がだんだんぼやけてきて、しまいには何も見えなくなりました。そして、いわゆる貧血のような感じで、脂汗をかきつつ、目はひらけどなにも見えず、これはまずいと思い、とりあえず、壁伝いにすわりました。しばらくして、だんだんと視界が回復してきたのですが、鍼灸院の先生いわく「あまりの激痛の場合、脳はそれをシャットアウトしようとはたらきます」とのこと。その結果、めまいや、失神といた現象が起きるのだそうです。
 なるほど、人間の体は不思議です。自分でも自分の体が自由にはならないことを痛感させられた出来事でした。
 私が腰痛で悶絶している間に、お寺の庫裏の裏玄関に巣を作った、ツバメのひなが孵りました。今回は、4羽のようです。写真を撮ったときは、お昼寝をしていました。
Cimg1122

今では、かわいい口をあけて、お母さんツバメにご飯をおねだりしております。どんな生き物も赤ちゃんは、かわいいものです。今年は、ベビーラッシュで、家で飼っている金魚とメダカも、卵から孵り、小さな稚魚が、ぴょこぴょこと泳いでおります。

 さて、ご報告は、このぐらいにしておきまして、今月は、お葬式が続きました。お葬式というのは、何度お勤めさせていただいても、決して慣れるものではありません。毎回が、初めてのご縁であり、毎回が最初で最後のお葬式であり、毎回が、全力で最大限のお勤めをさせていただく場です。

 昨今は、「葬式仏教」などという言葉が、悪い意味でつかわれているように思いますが、お葬式は、人生において、最高の尊厳をもって、最高の礼をもって勤めさせていただく、最初で最後の儀礼です。そして、亡くなった方に対する思いと、また会わせていただく教えとの出遇いが、心の中で溶け合う場です。その葬儀を大切なご縁とし、一瞬たりとも気を抜くことなく、真摯に、丁寧に、精一杯のお勤めをさせていただくのは、僧侶の責務であり、そこをないがしろにするのは、絶対に許されるものではありません。その儀礼空間を創り出す一役を担う僧侶の責任は重大です。そういう意味で、「葬式仏教」は、本当はとても大切な言葉なのです。

 私たち僧侶は、もう一度「葬式仏教」の言葉の持つ、本当の意味とその厳しさを、考え直さねばならないでしょう。

 儀礼において、その場で勤められる声明(お経に音程をつけて、唱えられるもの)は、その空間を創り出す、最たるものです。そして、そこに、動作や振る舞いが加味され、そこにある空間と感応して、全体の儀礼空間を創り出します。浄土真宗においては、これは阿弥陀如来の信心が中心となり、そのはたらきに揺り動かされ、その空間が造られていきます。つまり、儀礼とは、信心の発露であり、儀礼空間とは、信心の具現ともいうべきものなのでしょう。その「本願力」に満ち満ちた空間のはたらきにより、遺族は聖なるものとの対面を果たすのです。浄土からの風を感じるのです。

 しかし、残念ながら、浄土真宗においては、その儀礼、儀礼空間が、あまりにもないがしろにされている現状があります。布教、教学は一生懸命勉強するのに、声明については、学ぶ人があまりにも少ないのが現状です。そして、一生かかって切磋琢磨していこうとする人の、少ないこと少ないこと。悲しくなるくらいです。
 私は、教学も布教も同じく大切だと思います。時間を見つけては、それらの勉強もしています。それぞれの専門分野という枠組みで、秀でたところがあるのは、当然でしょう。しかし、一分野のみに終始して、それこそ他を圧倒するほど大事なのだというような立場は、はっきりいって間違っているとしか言いようがありません。
 浄土真宗において、教学、伝道、布教、儀礼、すべてが、同列で大切なものであり、おろそかにしてはならないものです。そして、もっと言えば、儀礼とは、信心の発露であり、信心の体現であるがゆえに、伝道、布教は、儀礼に包括されます。
 阿弥陀如来による救いの、慚愧と歓喜の体現を、言葉で表現するか、動作と音程で表現するかの違いです。
 善導大師がお示しくださった、安心門、起行門、作業門の三つの門の通りです。浄土真宗において、信心をいただき救われていく、浄土へ往生することが定まるとは、どういうことなのか。救いの根本である「信心」を明らかにしていくのが、安心門です。ですので、教学は、明らかに安心門です。
 そして、その安心門で明らかに確立された信心を原動力として、日常の宗教儀礼や、読教、所作振る舞い、ご法話(讃嘆)として、実践されてゆくことが、起行門です。そして、その実践においての心構えとして、作業門をお示しくださっています。

 つまり、教学的理論により裏付けられた、如来より賜りたる信心を中心に、その発露としてなされてゆく宗教的儀礼、その具現として荘厳されてゆく宗教儀礼空間、そして、そこに内包される慚愧と歓喜の心。浄土真宗の儀礼は、ここにあります。ということは、ご信心をいただき、お念仏を喜び、慚愧と歓喜の南無阿弥陀仏の人生を送るのであれば、当然、そこには、儀礼と儀礼空間が自然と随伴し、その大切さも、おのずからいただけるはずです。
 にもかかわらず、お念仏とご信心とお浄土は、大切だといいながら、お勤めは大切にしない僧侶の多いこと多いこと。得手不得手の範疇を超えております。
 ご門徒の方々から、様々なことを聞かせていただき、また、自分が現場に遭遇したりと、そういう中で、悲しくなることが本当にあります。
 だれでも、失敗はします。どんなに一生懸命でも、細心の注意をはらっていても、失敗することはあります。それは、あってはならないですが、仕方のないことです。しかし、そうではない、根本的に、阿弥陀如来様のお救いに胡坐をかいた、子供のダダコネのようなお勤めが、残念ながらなされていることも事実です。
 心ある僧侶方は、まじめに、真摯に、全力で、一回一回のご法要を最初で最後と、大切にお勤めをされております。わたしも、今後もかわらず、自らに厳しくありたいと、日々気を付けているつもりです。しかし、まだまだ、未熟で、まったくなっていません。死ぬまで満足せず、ただただ、一座一座大切にお勤めをしたいと思っています。
 くれぐれも、阿弥陀如来様の邪魔をするようなお勤めだけは、したくないと願いつつ、日々、勤めさせていただきたいと思うこのたびのご縁でありました。
 ずいぶんと、偉そうに書いてしまったなと、あとから思いますが、同じ思いの方もきっとおられると信じ、今日の日記とさせていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加