和雅音 <<wageon>>

住職のひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ずいぶんとさぼっておりました

2016-08-16 16:05:08 | 日記・エッセイ・コラム
かなり久しぶりのブログです。
 先日、お盆の法要をお勤めしました。正覺寺には、16代分の歴代の本願寺ご門主のご影があります。
 
 ご門主とは、京都本願寺のご住職で、浄土真宗本願寺派の一番尊いお方とでも申しましょうか。親鸞聖人より、連綿と続く法と血脈を受け継がれたお方であります。そのお姿の掛け軸を「ご影(ごえい)」といいます。
毎年、お盆にはそのご影を奉献いたします。時間はかかりますが、終わるとなんだかありがたい気持ちになります。

 人は、なぜ季節の折々に様々な儀式、儀礼をするのでしょう。よく意味も分からずされている方も、少なくないと思います。
今回は、長くならないように一言でまとめたいと思います。

 「こころのスイッチ」

これにつきますね。しかしながら、阿弥陀如来の救いをいただく、お念仏の人生においては、「こころのスイッチ」ではなく

 「ご恩の礼儀」

として、させていただきたいものです。
 昨今は、なんでもかんでも自分中心で、宗教儀礼も自分中心になってしまっている気がします。「自分が気持ちが落ち着く」「やさしい気持ちになれる」「こころが洗われる」。。。

 こんな、自分の気持ちも大事なことかもしれません。でも、もっと大事なことを見失っているような気がします。

 人生観や人間性の範疇の話は、理解しやすくとっつきやすいです。でも、そこを超えていく話じゃないと、宗教ではなく、道徳になってしまう。

 入口とその先、「こころのスイッチ」から「ほとけとの出遇い」そして「ご恩の礼儀」へと、順番にうまいことおすすめできたらいいのになぁ。。
と思う、残暑のこのごろです。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだかねぇ、こころが思う... | トップ | もうすぐ年末( ゚Д゚) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事