我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

5万円を配る

2019年06月09日 | 経済

ご案内 


不徹底な 予算規模

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

  (金融に近いものは、お金を 「印刷」 して山分けできる。しかし一般市民には、そのようなマジックなど、ある事さえ知る由もない。冷たく言い放てば、経済と何よりも金融を知る者は、お金をその宝の山から掘り出すことができる。しかし、勉強も苦労もしない一般は、このマジックが使えない。これは当事者責任というものだ。このように言い放つこともできる。しかし、このギャップを放置したままにすれば、アメリカで今起こっているような、産業の崩壊ばかりか、社会を維持するのに一番大切な、国防の崩壊まで起きてきてしまう。)
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/e54d2590b319f363c08b38d0f2462112

バックアップ用の、HDD の調子が気になった。どうもディスクの回転音が大きくなったような。

それで、そのHDD を取り替えた。新たなハードディスクのデータと、素早くリンクさせるには、チョットしたチェックが必用となった。それで、過去記事など見ていたら、上に灰色文字で紹介した記事が出てきた。

わが郷・左近尉の投稿意図は、金融改革で縮小してしまった、日本国内市場の再生である。

とにかく、国民ひとり一人に、月 5万円を配る。

こうすれば、縮小した金融信用が、50兆円ぐらいはもどるだろう。とかの、荒っぽい理論。というか絵空事であった。

 金融関係【記事分類】 金融関係 記事分類

それで、今読み返してみれば。 『絵空事だなあ。』 とか感じてしまう訳で……。

サヨク各党は勿論のこと、自民党にだって期待しても無理。

ならば、それぞれが自分個人の才覚で、『紙幣を印刷して配る』 しかない。もちろん是、偽札を作るというのではない。いろいろ、ややこしく考えれば、クーポン券を発行するだとか、とにかく商品を生産する。だとかと、ゴチャゴチャと雑念じみたことが、思い浮かんでくる。

 

左近尉は結構広い家庭菜園。というか畑そのもの、端から端まで 100メートルほどもある。ならば、何十家族が喰うだけの、野菜など作れてしまう。でも、体力と気力には限界がある。なので、数家族分の野菜などを作るにとどめている。

さて、ブログだが、これは投稿さえしてしまえば、読者=消費者の数だけ、トット トットと 『情報を印刷、配布』 してくれるようなモノ。ならば、このシステムでは、観たい人の数だけ、自動的に 「商品」 が出来てしまう。ところが、普通、このブログ閲覧の対価を受け取ることはない。まあ、今までいろんな仕事に手を染めてきた。それで思うことは、仕事なんて行ってこい。稼いだカネも、生活のために消費する。ブログは、この作業が表裏一体となっていて、投稿作業という労苦も、読者に読んでいただくという。喜びと表裏一体なのだ。ガソリンは、とおいアラビアくんだりから運んできて、精製する。ならば、カネがかかるのは仕方がない。ところが、ブログなどの情報発信は、それほどコストがかからない。そして大勢の方に読んでいただく。あるいは幸甚なことに、賛同のクリックまでいただける場合もある。

 

宿とかホテルならば、宿泊費がかかるのは当たり前。

でも、親戚だとか友人宅に泊るのに、ゼニを払う人はいない。

 

それで、人それぞれ。

政治家の方だって、あの活動にかかる肉体的、精神的なコストを考えれば、ボランティアみたいな部分が、多いと感じておられることなのだろう。こうして見てくれば、人生には余裕が必用だ。その余裕の中で、金銭の介在しない、『自分の商品』 を作れば良いのだろう。例えば、晴耕雨読も、カネの介在しない。でも関わるモノが、もっとも納得できる、経済活動なのだろう。すべてカネが関わってくる。このようなカネカネカネの呪縛に囚われれば、ゴン太郎氏の様な、顛末をむかえることとなる。

政治に期待しなければ、出来ないことも多い。

日本国防衛などは、その最たるもの。

でも、5万円を月々配ってもらう。

などというのは、心のもちようで、直ぐにでも出来る事。

 夜、お店に行ってお話をするには、お金がかかる。でも、山だとか尾瀬などの観光地で、綺麗なおねえさんとお話しするのには、お金はかからない。

  ホテルなどで修行をすれば、人との会話も苦ではなくなる。  ポチとお願いします

 

 奪われた、領土と威信。

北方領土は、スターリンの横暴な、領土拡大の欲望の犠牲になった。

ならば、戦争で取り返す。

こう、先ずは考える。

でもほとんど人の住んでいない、 得撫島(うるっぷとう)からの北の島。これを取り返す、そのコストと流れる血の量。これを思えば現実的な選択ではない。丸山 穂高議員の話だって。マスコミの報道する。その部分だけでは無いと思われる。また、こう考える事も出来る。日本は遅れたロシアの経済を、そのままに傍観する。そうしてロシアを助けるコストを、支払わずに済んでいる。アメリカは占領地をすべて返した。なので、経済的に日本に助けられている。これに対して、民度の低いロシア人たちは、北方領土の事で、多大なるコストを支払っている。飲んべえの露助は、これが見えていない。

  

まあ、このように。経済が縮小してしまった。

そうした現実の中では、普通の庶民は。自分のための豊かさを、それなりの努力で追求すれば良いのだろう。

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

   本日は 35位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 06 09 (日)    1899  PV      831  UU      541位  / 2871930ブログ

 

わが郷の顔  2019年 06月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2019 06 その他 

わが郷の顔 2019年 05月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201905 その他 

わが郷の顔 2019年 04月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201904 その他  

わが郷の顔 2019年 03月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2019 03 その他

 2019年 02月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201902 その他

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 日米同盟 | トップ | タマゴの価格 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事