我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

イランは、友好国。

2018年12月07日 | 政治

ご案内 

2018 12 07 イランは、友好国。【わが郷・政治】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

ガソリン価格が、

10円ほど下がった、気がするのだが。

 

とにかく関東の田舎暮らしには、燃料代の比重が大きい。

 

 

 2018 11 27 イラン産原油、日本への輸入再開【保管記事】   

イラン産原油、日本への輸入再開 来年1月から本格化

     201811271807分  桜井林太郎

 米国によるイラン産原油の禁輸制裁をめぐり、日本に一時的な適用除外が認められたことを受けて、国内の石油元売り各社が年明けからイラン産原油の輸入再開を本格化させる見通しになった。石油連盟の月岡隆会長(出光興産会長)が27日、明らかにした。ただ、制裁の猶予期間は180日間で、適用除外が継続されなければ、4月分から再び停止に追い込まれる可能性がある。

   米国によるイラン産原油の禁輸制裁は11月5日に発動された。日本の元売り各社は銀行決済や輸送に時間がかかるため、10月分から輸入を一時停止していたが、発動当日に日本を含む8カ国・地域の適用除外が発表された。

   月岡氏は27日の定例会見で、「これまでの日本政府の米国との粘り強い交渉に対し敬意を表したい」とした上で、輸入再開の時期について「12月末のところもあるかもしれないが、1月から3月の間に集中するのではないか。短期間の中でできる限りイランとの契約を履行していこうと当然各社が動いていく」と話した。

   さらに、月岡氏は「原油調達先の多様化にとってイランは重要な国の一つ」と改めて強調、猶予期間後も制裁の適用除外が続くよう、日本政府を通じて求めていく考えを示した。(桜井林太郎)
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/c15555eb1710d5859de9bf3cc11ed697

 

2018 10 15 油断も、隙も……。【わが郷】 油断も、隙も……。 わが郷

飲料水だって、1リットルが 100円ぐらいはする場合もある。

それが自家水ならば、コストは汲上げる電気代だけで、メチャクチャ安い。

原油も炭素と水素、それに酸素の化合物で、もともと地球にあった、鉱物だとも云われてきている。 (つまり、上手に探せば、無尽蔵だという説も有力になってきている。) 水は海にあって、蒸発して真水になる。砂漠の国では、石油よりも真水がハイコスト。日本では、政治・経済が砂漠(きつめの皮肉を云えば)なので、それなりの価格がする。それと、この石油という代物は、金縛りの鬼神のような妖力があって、先の大戦ではこの禁輸が日米開戦のきっかけ。

 

70余年経っても、米穀の戦争屋。

同じように石油の禁輸(コチラは、輸出を妨害)で、緊張関係を高めている。

 軍産【記事分類】軍産 【アメリカ合衆国

トランプ氏は、ブッシュ一家の戦争屋。つまり何となく反戦平和主義の気分を、醸し出して戦争に飽いた。共和党員の支持を得た。のだが。やっぱり選挙がなければ、共和党の上層=既成戦争勢力の、ご機嫌を取る。というか、彼もコテコテの戦争勢力だったりして。まあ、日本にしてみれば支那と米国が緊張を高める。それと普通に日本人の認識が高まってきて、アメリカの軍事力はもう、かなり陰りが出てきている。通常戦力では、支那に早晩追いつかれるのでは。こうした危惧が高まっている。アメポチ諸君だって、なかなか口に出せぬが、この雰囲気は理解を し始めた感じ。そして、F-35 は、つなぎでもあり、アメリカが日本に対して暴発しないための、かなり高めの保険金。だが、一級の航空機用エンジンも完成したことでもある。日本は遠くない未来に、戦闘機だとか攻撃機を自前で用意する。これを為さねば、空洞化して腐朽させられた、米国軍事産業のガラクタを買いつづけねば。それでは、支那をますます増長させる。

                                                    2018 11 28 次期戦闘機、国産エンジン=F35B【保管記事】

 

アメリカは二流国、農業国に堕ちてゆく。

そして、放置すれば凶惨党の支那が、ますます増長する。 

 

2018 09 30 次世代に、つなげる。【わが郷・軍事】 次世代に、つなげる。 わが郷

アメリカの民主主義とはいっても、年増バアさんの厚化粧にすぎない。

下心は緊張を高めて、軍産の価値を固める魂胆。それで、広島・長崎に原爆を落した。そのゴロツキが、イランから石油を買うなと、強制してきた。是を一応安倍政権は押し返して、来年から禁輸が解けるのだという。北方領土交渉で、安倍政権はなんだか、ロシアに対して妙に融和的。そりゃそうだよ。アメリカの軍産の都合で、イラン石油を買うなと云う。ならば、プーチンのロシアと、もっと緊密化する。ナンテ、ポーズでアメリカの横暴を牽制する。

2018 11 16 三流を、 嗤う【わが郷】 三流を、 嗤う。 わが郷

アメリカを裏から仕切っている、ユダヤは存外に臆病者だ。

その杞憂の弱みに、つけ込むのが、前のめりの安倍・対ロシア外交なのだろう。

イランと日本は、もともと友好国だ。

 

ただキリスト教徒のアメリカに配慮して、なんとんなく友好関係を強調してこなかっただけ。

まったくメクラで、まだ目が見えない、赤子のサヨクなんて論外。そして、アメポチのマスコミイデオロギー。それに染まったままの、ウヨク諸君だって、こうした本当でリアルな国際関係なんて、理解が出来ているのか。はなはだ心許ない。

それで、わが郷・左近爺の見立てを書いてみた。 

   宗教対立で、戦争屋が 粋がって いる。 ポチとお願いします

 どんだけ、前時代の "かんかく" なのよ。

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

千島列島【樺太から シンガポールまで】 千島列島 樺太から シンガポール……
 日本の領土問題 Part-2 北方領土【領土の変遷】

 

 

 

 

 

   本日は 37位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2018.12.06 (木)    2824  PV      865  IP      403 位  /  2849021ブログ

 

 わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔  

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社会的に、不正義の マクロン... | トップ | ケンチャナヨ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事