我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

聞く耳を もたない。

2019年08月12日 | 日記

ご案内

2019 08 12 聞く耳を もたない【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

国際情勢というか、

日米関係は大きく変化している。

 

親支那のヒラリー・クリントンは選ばれず

米国民は、保護主義のトランプ氏を、大統領に選んだ。

 

この風を読めない。

というか、棚からぼた餅の

美味しい思いを、絶対に忘れられない。

 

 2017 02 07 風を 読む。【わが郷・歴史】

 

トランプ氏、韓国・文政権に厳重警告 

GSOMIA」 破棄なら…日韓に対立緩和を促した“本音”

2019.8.11

ドナルド・トランプ米大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に厳重警告を発した。日本政府が、半導体素材の輸出管理を強化したことに反発して、文政権が「日韓軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)の破棄をチラつかせているからだ。トランプ氏は表向き、日韓両国に関係改善を求めているが、対立の背景を十分理解している。文政権の「裏切り」を戒め、韓国内の保守派に奮起を促すものといえそうだ。    「日韓は同盟国のはずなのに、米国を難しい立場に追い込んでいる」「日韓はいつもケンカしている。仲良くしなければならない」

 トランプは9日、ホワイトハウスで記者団にこう語った。

 北朝鮮の非核化問題や中国との覇権争いを抱えるなか、対立緩和を促した-と報じられるが、事態はさらに深刻だ。

 訪韓中のマーク・エスパー米国防長官は9日、文大統領や鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相らと相次いで会談し、米国の要請で締結したGSOMIAの継続が重要だとの考えを伝えた。

ところが、鄭氏は「有効性などを考慮し、更新するかどうか決めたい」といい、継続を明言しなかったのだ。

 実は、日米防衛当局者の間では「文政権がGSOMIAを破棄する可能性が高い」「日本に責任を押し付けて、中国や北朝鮮に接近する兆候がある」と分析している。

 このため、米シンクタンクなどを通じて、「GSOMIA破棄=米軍撤収・同盟解体」と警告してきたが、「反日・離米・従北・親中」の文政権には通じない。

 トランプ氏の発言は、韓国の保守派勢力に「自国が自由主義陣営から離脱していいのか? 目を覚ませ」とメッセージを送ったともいえそうだ。

 日米情報当局関係者は「ホワイトハウスには『北朝鮮は戦略的な敵だが、韓国の文政権はもっと問題だ』という分析がある。明確に『韓国を切るべし』という強硬意見もある。GSOMIAが破棄されれば、韓国は安全保障上も、経済的にも重大局面を迎える」と語っている。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190811/for1908110002-n2.html

 2019 08 03 韓国「ホワイト国」剥奪で“国家破綻”か【保管記事】 韓国 「ホワイト国」 剥奪で“国家破綻”か

日韓基本条約で 韓国政府は、韓国政府予算の 倍ものカネを得た。

それからも、様々に日本政府などから、財貨をせびり盗ってきた。

 

わが郷・左近尉が想像するに、ニホンの政治家だとかもケーザイ人も、韓国などからキックバックを得てきた。カネのことは見えないが。ニホンのマスコミが政治家だとかケーエー者の事を、褒めまくった記事を書く。こうした空気に載せられて、軽薄な政治家が、村山談話だとか河野談話を出してきた。でも、安倍政権が長期化、安定化を迎えて、この恥ずべきキックバックの反日政策は、終わりをむかえた。

 2019 07 25 桃太郎の出自【わが郷】

こうした醜い憂き世の悪を、切ってくれよう桃太郎。

テレビドラマでは、悪代官が切られれば、幕が下りる。

ところが、国際関係では、斬る。つまり戦争で排除する。なんて、流行らなくなった。

なので、常識では負けたはずの。その文在寅(ムン・ジェイン)が、『盗っ人猛々しい』 などと、トンチンカンな事を まだ言っている。

 

ならばと、アメリカ国大頭領のトランプ氏も、正否のジャッジを下さねばならない。

でも、政治の世界は融和と寛容が重要だ。

なので、トランプ氏が、『韓国側が悪い。』 とは言わない。

言わないが、米政府筋も、様々に風を送っている。

 

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄。

その先には、韓国駐留米軍の撤退へと繋がってゆく。この導火線に、文政権は火を付けるそぶりを見せている。

 

『それをやっちゃあお仕舞いだよ。』 という、状況なのだ。

でも、韓国側は、聞く耳をもたない。

 

一般の韓国民だって、呆れて診ている。

反日不買運動だって、頓挫したような。

   アメリカは、文政権を見放すのだろう。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 やけのやんぱち日焼けのなすび【岩淸水・言葉の説明】 やけのやんぱち日焼けのなすび

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

   本日は 34位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 08 12 (月)    2345  PV      971  UU      373位 /  2879960ブログ

 

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908

わが郷の顔 2019年 07月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201907 その他 

わが郷の顔  2019年 06月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2019 06 その他 

わが郷の顔 2019年 05月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201905 その他 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 偽バトル | トップ | 信長の時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事