我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

核実験場で撮影

2020年05月20日 | 軍事

ご案内 

2020 05 20 核実験場で撮影【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

支那の核実験場というか、

その近くで、『西遊記』 の撮影をして

被爆してしまった。

 

その所為で、命を縮めた。

とかの、「お話し」 もある。

 

 

2020 04 24 欧米の医療【わが郷】 欧米の医療わが郷

儂、左近尉の母も、祖母も乳がんを患った。

何も治療をせぬ。そうしたワケにも行かぬので、最小限の摘出手術はした。けれども、抗がん剤も放射線も、一切やらなかった。それで、天寿を全うし、それぞれに長生きしてくれた。

マスコミは嘘をつく。

これは、日韓関係だとか、政治・経済に限ったことではない。

医療に於いても、大いに嘘をつく。https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/daf980aa6227aee89d95d2321c34d6ee

 

保健所に、

PCR検査の指揮権を与えたのが、

勝因

 

2020 05 14 陰謀【わが郷】 陰謀 わが郷

それほど、米穀の裏側も壊れてしまった。

そして、米国市民の犠牲者は、ベトナム戦争での米国将兵の損害。58千名をはるかに超えた。すでに、8万名が新型コロナで死んでいる。今は戦時で慌ただしい。これが静まった後で。多くの研究者が、DNAなどの研究を進めるだろう。そして、其処、此処に米国ウイルス研究の、断片だとか痕跡が見いだされる。大衆レベルで大騒ぎにはならない。しかし、真摯な研究者は、米国医療研究の倫理破壊のおぞましさ。これに戦慄するのだろう。

普通の大衆には理解不能。でも、子宮頸がんワクチンの、その悪魔の飽食的な、作為を知る者は。だれだって、左近尉のように、『妄想』 せざるを得ない。

この、パンデミックのキーワードは、PCR検査であろう。https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/c73edcf465d7c40c221a29549d96db68

 

2013 05 18 悪魔の飽食【わが郷】

上の映像バナーをクリックすれば。

おぞましい、アメリカ式 「医療??」 の話が……。

 

遺伝子検査をしたら、『乳がんに成るのは、必至』 とかの検査結果が出たので。

二つの乳房を、予防的に切りとった。とかの話もマスコミで、流された事もある。それも、天下のNHKまでもが、このデタラメを流していた。それほど国際的な医療の世界は、可笑しくなっていた。

 

欧米などの医療は、カネ儲けにくるっている。

ならば、PCR検査はカネ儲けの為に、わざと検査結果が変調するように,仕掛けが何処かから施されていた。信じられない事だが、こうでもしなければ、あの欧米の感染者の多さ。死亡者数の気ちがい的な膨大さ。是を理解できない。

2020 05 01 PCR検査、38件誤って「陽性」 横浜の民間検査会社【わが郷投稿記事内の保管記事】

 

米英式の攻撃には、「誤爆攻撃」と謂うのがある。

 

ユーゴスラビア【各国情報】 ユーゴスラビア 

このユーゴスラビア紛争は、内戦と言われているが。実際は、国際金融勢力の、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国への侵略戦争であった。「自由主義」の傭兵が、ユーゴ国内で紛争を起こし。結局は連邦国家を分断した。最終的には、弱小な小国家に分割した。ちょうど、国際金融が、大阪維新ナンチャラを操って、大阪にも『大阪都』を作らせる。そして、日本国を分断して分割する。最終的には、国際的な日本経済の、まとまった力を、極限までそぎ落とす。この企みは、ネットだとか。自民党内民族派の力によって、阻止され 実現できなかった。

ところが、ユーゴでは。歴史的に根が深い分裂地域。その紛争の中で、同じスターリン主義国家である、支那共産党は、チトーの残したユーゴスラビア共和国の存続に尽力していた。それで、ユダヤ国際金融勢力は、支那共産党の関係者がいる、支那の大使館を、誤爆攻撃を敢行した。

間違った攻撃は、ある意味。最強、というか。最狂の攻撃ではある。

2020 05 01 PCR検査、38件誤って「陽性」 横浜の民間検査会社【わが郷投稿記事内の保管記事】

ならば、PCR検査の 「間違い」 だって、新型コロナ感染拡大の為の、「最狂の攻撃」だった。とか、謂うことだってできる。

とにかく、PCR検査をやれば、遣った分だけ。感染者も増えるし、死亡者も増える。

 

安倍政権の内部なのだか、あるいは厚労省の職員関係者だとか。とにかく、欧米式医療のおぞましさ。

これを、日本国内に波及させる。是を、絶対阻止する。

その方法が、

 

保健所に、

PCR検査の指揮権を与えたのが、

勝因

 

だった。

民間にこのきわめて危険な検査を任せれば、どこかから。あの、おぞましき、感染拡大工作を為す。そうした馬鹿どもが、交じり込む事となる。

2020 04 08 キスも……慶応病院研修医【保管記事】

儂にも、慶応の知り合いがいたので。

その、ヘンテコな学風は、それなりに理解している。

 

とにかく、庶民に対する医療は、「まるで、モルモットを弄る実験」のようではある。

普通の庶民には、このようなおぞましい「補助線」が見えない。

米欧には、セレブとか言う階級があって。

一般庶民は、そのセレブ様階級を支えるために、当然のごとく犠牲にされる。

 

ニホン国内のマスコミだって、この様な目線で、日本国民を見ている。

なので臆面もなく、『日本国内では、PCR検査数が少ない。』 とか、平気で言えるのだろう。

 

2017 08 15 チンドン屋を ぶちのめせ【わが郷】マスコミが笛やラッパで、チンドンチンドン、賑やかに 練り歩いたその後は、ほんに悲しい、ため息ばかり。

まあ、判りやすく言えば。

PCR検査は、新型コロナ感染を拡大するための、便利な 「誤爆ツール」 と、診るべきなのだろう。

湯田屋の糞どもは、世界各地で。コロナの誤爆実験を、繰り返してきた。

30万名を超す、新型コロナでの死者は、この誤爆の成果なのだろう。

 

まさに、現代の戦争は。国家間で戦われるのではなく。

セレブと、庶民の間で戦われている。

   その戦線は、寝ぼけ眼では、見えない。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

   本日は 31位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録 2020 05 20 (水)    2637  PV     1169  UU      421位 /  2929638ブログ

 

2020年 5月【わが郷】 わが郷の顔  2020 05

2020年 4月【わが郷】 わが郷の顔  2020 04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 死亡率 | トップ | 屑は、クズ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

軍事」カテゴリの最新記事