我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

ご案内

2010年05月27日 | その他

免責事項    

                                日本の安全保障    日本国防衛      政治家    政治家の顔  記事索引 (岩水)
                                現代日本 歴史年表 (記事でみる日本史)     歴代内閣

              普天間基地問題   口蹄疫の記録     記事総覧    索引    美術館の索引
                                各国・地域情勢     各国情報 索引(画像は無し)              現代日本  Private
                                沖縄                     島嶼防衛   離島の安全保障              管理用  課題ごと 一覧・目録
                                宇宙開発 関係画像  日本の宇宙開発 (画像で検索)
      朝鮮系 通名                 
                         資料影像の見出し ( 岩水 )  バナー (過去記事へ) 00381    宇宙開発 索引
                               現代日本 歴史年表 (岩水)

普天間基地移転 普天間基地移転 沖縄               

                   記事紹介 企業関係    Information

      
                  テーマ毎の分類索引                      アメリカ                            税金

 ■ 殿戦で突き抜けても、アメリカの明日は見えない

                        昭和史  田舎(いなか)生活 (垂水の辺)   資料影像の見出し

              美術 =>      医療と健健康 =>   
                               人気ブログランキングへ ←  クリックをお願いします。=>ランキングを見る 

 

 

 

 

貴方にとって、「我が郷……」の記事には好ましくない内容が、ふくまれている可能性があります。

一定の思想的、あるいは嗜好的個性をもって、編集されている記事には、教育機関やその他のフィルタリング・システムによって検閲・アクセス規制の対象となっているものが存在することが、確認されています。。

「我が郷……」では、特定の閲覧者が偏向、下品あるいは不快と感じるような、表現や語句あるいは映像があるかも知れません。文化や思想あるいは、宗教などによって、不快や冒涜と想われる内容もあるかも知れません。

歴史や思想あるいは哲学などで、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を惹起する内容があるかも知れません。その他の精神的、あるいは病理的ストレスを与える、記事や語彙あるいは映像があるかも知れません。

我が郷のコメント欄は解放されているために、さまざまな書き込みがあることが予想されます。あまり記事の内容と関係のない、コメントは適宜削除いたしますが、削除もれも予想されます。

医療や絵画芸術などの見解が、一般のものと違う場合も多いかと想われます。

読者やたまたまの閲覧者は、「我が郷」の見解が普遍的であると信じてはいけません。ここの記事やフレーズなどは、日本国に住む人々が心のよりどころのひとつとして、提案している個人的意見や思想の集合されたものです。

少しでも不快に感じたり、訪問者の意にそぐわない内容があった場合は、速やかに閲覧をお止めになったほうが、精神衛生上宜しいかと想われます。我が郷の記事で、心理的あるいはその他の損害を感じられても、当方は一切の責任をもちません。

もちろん、異なる意見をコメント欄に載せていただけることは、有り難いことです。意見や感じ方が違っても、原則としてはコメントを消去したりはしません。ただし前述のとおり、無関係なものや、別の意図を持って為されたものは、当方の判断で削除します。

  

いつも このブログにおいで下さいまして、誠にありがとうございます。

せっかく書いた記事ですから、たくさんの方に、系統立てて見ていただきたいとの希望があります。そこで、当ブログでは さまざまな 仕掛けを 施しています。

記事が長くなり、冗漫化するのを避けるために、キーワード の説明や、関連の文章・記事それに映像などは、別のページのものを参照して頂く、シカケがあります。

薄青色薄赤紫の文字は、そのキーワードで その部分をクリックすると、関連の記事が開くようになっています。

日本国の法規上直接、ご案内できない【ページ】は、アクセス制限の処置が為されています。ご覧になりたい方は などの検索サイトで、所定の IURL などをコピー・入力して、真性の  IURL を調べて下さい。

亦、記事の内容別の分類は、いちおうカテゴリー分類もあるのですが、それでは別けられない場合が「我が郷……」の場合は多いのです。それで、医療芸術、そのた防衛問題などは、索引的な「課題分類」を設けています。

カテゴリーは、画面の左端の 下のほうに あるのですが、そこまでスクロールして 行くのが面倒なので、巻頭に「ご案内」をまとめて みました。

最後に、蛇足ですが、当日の最初の記事に戻る方法のご説明です。テンプレート ( レイアウトされた枠 ) 右上の大きな薄青文字の『我が郷は足日木の垂水のほとり』 の部分をクリックしていただければ、本日の最近アップの記事に戻れます。

 

 

さて、わが郷は日本のおかれている、きわめて困難な、軍事とか金融経済に、真正面から取り組んできた。このような理解が極めて困難な課題をとりあげているにもかかわらず、ブログ管理者の予想に反して、50位以内にとどまっていられるのは、ひとえに読者諸氏のご支援があってのことです。まことに有難く、感謝のことばもありません。この後押しを頼もしく感じ、さらなる高みに向けて、皆々様とともに、一歩一歩を重ねて参りたいと存じます。

                              左近尉  平和時こそ思想のトレンチは深く掘れ

 

当ブログの紙面構成の特徴は、

他の投稿記事とのリンケージにあります。

 

経済の、とくに金融関係の記事は、理解するのが困難です。

とくに、「信用創造」とか、「金銭消費貸借契約の成立」とかの言いまわしは、それをいちいち説明していては、記事が繁多煩雑になり、スムーズな話の展開を阻害してしまいます。そこで、これら経済術後の説明とか、そのエピソードなどは、別の投稿記事に役目を任せてあります。そして、その「記事の引き出しをあけて確認する」という、読者諸氏の作業に応えるのが、絵とか文字をクリックして、寄り道をするという、 わが郷の特徴的な構成です。

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 四方(よも)を照らす光り | トップ | 医療と健康管理  (メモ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事