我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

新型肺炎を疑う

2020年02月14日 | 日記

ご案内 

2020 02 14 新型肺炎を疑う【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時』が面白い。

というか、絶品だと思う。

 

『相棒』 や 『ドクターX』 にも、匹敵する。

秀逸なテレビドラマになる、

可能性があると、爺は観た。

 

 

日産 内田社長「想定下回る販売が一番の原因」

…通期営業利益を850億円に下方修正

2020213日(木)2100

日産自動車は2月13日、2020年3月期の第3四半期(4~12月期)連結決算を発表した。米国での販売再建による台数減や為替の円高などで営業利益は前年同期比82.7%減の543億円と大幅な減益になった。通期予想は第2四半期時点に続いて下方修正した。

2020 02 13 日産 内田社長「想定下回る販売が一番の原因」【保管記事】 ← 記事の全文は、クリックしてご覧ください。

新型肺炎の国内での影響に関しては、14日と17日に日産自動車九州で一部生産を停止するほか、日産車体湘南工場と日産車体九州で計画していた一部の休日出勤を取りやめる。内田社長はこの減産分については今年度内に「挽回生産する」と述べた。停止している中国の各工場の生産については2月17日以降と、20日以降の2段階での再開を見込んでいると説明した。https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/05a880c5d6e009ab11c5f14fa714133e

コロナウイル【言葉の説明】 コロナ・ウイルス   医療記事の、イメージ検索

感染源が特定できない。そうした新型肺炎患者が、昨日 4名発表された。

これまでは、武漢に滞在したとか。そうした条件の人々の中で、発熱だとかの人だけ。新型ウイルスの検査をやってきた。何故そうなったのか。一般には、「関係機関の怠慢」とか、謂われそうだが。実際は、検査の能力不足である。

年金積立金管理運用独立行政法人【岩淸水・言葉の説明】 年金積立金管理運用独立行政法人 金融関係

持ちなれないカネをもつと、ついつい博打に使ってしまう。

これって、競輪競馬にうつつを抜かす。一般、大衆労働者と、似たようなものか。というか、公金を使って、自分らが個人的に投機してきた、株価などの維持を図る。まあ、関係者らは、泥棒とか盗人の、タグイではある。

 

日本経済は、小泉構造改革などで、「二階から突き落とされた」とかの、状況になっている。

コストカットが定常化して、足腰が立たなくなった。ご紹介の、日産の記事を見てみれば。どれだけ、ゴーン氏の「経営とも言えぬ、ケーエー」が、日産の足腰を弱めたか。コストカットで、移動できる金を浮かし。それを、仏ルノーに、移動させた。これで、ゴンちゃんは、仏政府にも覚えがめでたい。それで、不当な個人的蓄財で、日産のカネを、盗んでいた。従来のニホン人役員らも、同じ穴の狢(ムジナ)ではあった。だいたい、米欧の経済だとか、セイジなんて、この程度なのだ。

日産を良くするには、今度は日産内の『上級国民様』を、まとめて叩き出す。

でも、是は。たぶん。というか、ああした人たちは、分裂して恥じることもない。サヨク野党と、同じ血脈だもの。自分らの立場だとか、利益が第一なのだ。なので、日産なんか、潰れてしまえ。こう思う。そして、失業する人々は、新たな受け皿の会社などを用意する。でも、是って。国家レベルのプロジェクト。安倍晋三氏は知らぬが。他の政治家は、政治家というより。グローバル利権に群がる、胡麻の蠅ていどの、屑ばかり。

そう、日本はビョウキなのだ。

病原体は、特ア・等由来の、いわば、アンポンタン利権型ウイルスだ。ウイルス故に、一般の民衆には見えない。

ただ、ごく僅かの、研究者には。その存在が、見えている。

そして、このアンポンタン肺炎の、罹患者は。広く日本というか、西側社会に蔓延している。そして、英国民は。この病苦から逃れる。その手段として、EU離脱を実現した。

日本は、グローバリズムの、汚濁の海で。気分良く、入浴している。

安倍政権は、あの支那の、習近平氏を、国賓で招くと約した。

そして、日本国の神様は、遂に怒りをこらえられない。新型肺炎は、まるで神の啓示のようでもある。

 

安倍政権は、日本経済の足腰を、たたき折った。新自由主義経済の、そのおぞましき後継者である。

そして、野党は。3歳の児戯にも等しい。全く無意味な質疑。それで、首相にヤジられれば、逆ギレする。この程度のニホンだもの。日産社員だとか、その関係業者の救済策。これを、全うに作成する。なんて、無理な望みなのだ。

日産【岩淸水・言葉の説明】 日産

ただ言えることは、日本の自動車業界よりも、米欧の自動車産業の方が、もっともっと酷い事になっている。

1970年代までに、日本は米欧の産業に追いつき。そして追い越した。それで、1980年代からは、米欧金融だとか、そのチンドン屋。マスコミの反撃に遭っている。でも、日本のセイジは、児戯に等しい。二階派の賄賂セイジ。こうした体質を抱えたままでは、日本国憲法改正で、日本の安全保障を、万全にする。なんて、出来ない相談なのだ。日本の一般民衆、その思潮を観れば。サヨもウヨも、経済なんか、殆ど判らない。

今回の新型肺炎騒動で、判ることは。日本の 『先進的な医療システム』 なんて、とてつもなくお粗末なものだ。ならば、今回の災いを奇貨として、早急に検査態勢。防疫体制を整え直す。

わか郷の見立てでは、厚労相だって。政治的な配慮が優先しすぎている。まずは、人から人への、一般的な感染が、実際に広がっている。まずは、4人の感染者の、地域から。徹底した防疫体制を敷くことだ。

 

死亡率は、従来のインフルエンザと、同程度だとかの指摘もある。

でも、人が実際に死亡している。

人の命を守ること。これが政治の基本だと、思い返すべし。

   検査をすれば、被害はもっと見えてくる。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

   本日は 33位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録 2020 02 14 (金)    2548  PV      979  UU      414位 /  2912668ブログ

 

わが郷の顔 2020年 02月【わが郷】 わが郷の顔  202002

わが郷の顔 2020年 01月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2020 01

 

2019年 12月【わが郷】 わが郷の顔  201912

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 新型肺炎 | トップ | 五輪と、新型肺炎 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事