我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

いつも通り

2020年03月23日 | 日記

ご案内 

2020 03 23 いつも通り【わが郷】

2018 08 05 涼しい所を、探してみる。【わが郷】 涼しい所を、探してみる。

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

左近尉の良く見知った病院が、

日光にあるのだが。

新型コロナの遺伝子検査が、どうのとの話があって。

 

一寸話が聞ければ、とか思い。日光に行ってきた。

鬼怒川温泉なども通ったのだが。

 

多摩、千葉、所沢。山形から、品川、練馬だとか、群馬とか、那須は当然のこと、そうした車が走っていた。

是、鬼怒川温泉の入り口辺り。道路はいつもと、同じくらいと謂うか。ちょっと、いつもより混んでいた。

テレビなどの報道では、新型コロナの所為で、人(ひと)気が無い。みたいな映像が、多く流されてはいるが。観光地・鬼怒川は、三連休のためでもあるのだろう。けっこう、いろんな所から、観光の自家用車が、集まっていた。欧州もそうだが、米国だって、オーバーシュート(爆発的患者急増)で、とんでもないことに成っている。是は、マスコミの情報で、儂は現実を知らない。

でも、兎に角。鬼怒川温泉は、いつもの賑わいであった。

わが郷・病院では、肺炎の患者さんを、気管支切開。それで、念のために、新型コロナの遺伝子検査をする。たぶん陽性ではない。でも保健所と相談して、検査となった。当院の医師が検査して、検体をとる。そして、保健所の方が、それを受け取りに来て、検査をする。念のためであって、陽性の可能性は、極めて低い。それでも、病院の各セクション管理者には、休日にもかかわらず。全部に連絡が入った。とにかく病院は、新型コロナには、ピリピリしている。マン万が一、感染者でも出れば。大事に成る。当該病院は、外から陽性患者を、受け入れることはない。それでも、陰圧室は急ごしらえで、作ったという。

日本国内では、こうした病院が。万々が一の為に、自発的に体制を整えている。

2013 09 05 国債と自由経済【わが郷】笹子トンネル事故 国債と自由経済 構造改革 

構造改革とは、世界のカネ持ち衆が。左翼的な言辞で謂えば、国際金融資本に連なる者。こうした特定の階層の利益獲得のために、大衆安全とか健康管理のコストを徹底して削る。それで笹子トンネルでは、構造物の安全検査を、ネグレクトした。それで、天井が崩落して、大勢の死者を出した。原発事故も、サヨクは原発が本質的に、危険なもの。このように宣伝してきたが、危険なのは、ちゃんとした安全管理をしないで、コストを削り、金儲けに奔走する。株式利益至上主義の、東電役員等の奴隷根性であった。

イタリアでは、猛烈に新型コロナ肺炎感染での、死者が激増している。これって、やはり小臭い構造改革で、病院を極端に、少なくしてしまった。ドイツもイタリアも、日本と同じ枢軸国ではあった。それが、戦後はユダヤ進駐に占領されて、戦後民主主義といふ。法衣を纏った、実際は金儲けに、汲々とする。新しい形の植民地にされてしまった。ドイツやイタリアでは、日本と同じく、反原発の運動が、ユダヤ植民地主義者により、徹底して。精力的に進められてきた。そして、その結果が、今回のイタリアに於ける、医療崩壊である。肺炎はそれほど、恐ろしい病気ではない。しかし、マスコミが伝染病の恐怖を煽る。そして、イタリアではなによりも、大切な病院システムが、コストカットで徹底的に、脆弱にされていた。其処へ、マスコミに煽られて、恐怖心。医療の知見に乏しい、大衆が殺到した。医療の対処能力の限界が壊され、結果は死人の山となる。この荒廃した風景の後には、たいして役にも立たない。ワクチンだとか、「治療薬??」の、大衆社会への組み込みとなる。左近尉は、こうした構図を見渡した上で、バイオテロと『妄想』してきた。なあに、医療の現場では、多くが。テロだと話している。ただ、これは、公には言っていない。

 

日光植物園【岩淸水・言葉の説明】 日光植物園 日光国立公園

上の建物は、日光植物園。元々は。この辺りの広大な土地が、大正帝の避暑地。そして静養地の田母沢邸の用地の一部が、東大に下げ渡されて。今では、一般に開放されて、日光植物園として、親しまれている。戦争の結果、世界各国では民主化が進んだ。今では支配階級的な、物言いをする人は、極めて少なくなった。 ところが……。

戦後日本【岩淸水・言葉の説明】 戦後日本 マッカーサーの戦後政治

麻生太郎財務相は、財政規律を言い立てすぎる。べつの直截な言いようでは。貧乏人は麦を食え。この旧態依然の、選民意識がそのままなのだろう。これでは、日本経済は、構造改革攻撃の上に、更に新型感染症の攻撃にも、耐えねばならない。でもこのコロナ禍を契機として、麻生氏には沈黙、あるいはサッサと辞任でもしてもらう。

その流れになりつつある。

特亜の売国・棄日は、本質的なのだが。これは、表には出ぬような、仕掛けがしっかり施してある。売国・棄日を、純粋日本人と目される。麻生氏のような、日本人にさせる。そして、それを。特亜・ウヨクの、B層が応援する。ローゼン提督、ナンチャラ言葉もあった。世の中の支配構造は、これほど絶妙な仕掛けで、人々の脳みそを縛り付けている。

 

ブログには、政治勢力を形成する。

そのような能力は無い。そして、その権能を、求めるべきでもない。ある意味では、政治に幻滅する。また、別の言い方では、ブログ・言論の本質に目覚める。大衆とは、別の角度から、社会学的に大衆政治を解明する。さすれば、明治の元勲の血脈が、実際は。反日であった。等という、反日勢力の、戦略・戦術が見えてくる。

 

とにかく、日本の場合。

国民は支配階級に、支配されて虐待される。下層奴隷では、絶対にない。日本人は、全部が全員。天皇陛下の赤子なのだ。どの命も、大切な天皇陛下に連なる、赤子の命。

このような理屈を、普通は言わない。

しかし、日本人は、死すれば。仏になる。

神道では、神に成る。

これが、日本人の宗教観であり、この規範の下に、人々は、公のために働いている。

マハティール【岩淸水・人物】1925~ マハティール マレーシア

西洋は、利欲的で、日本人は傍を楽にする。公徳を最重要視する。なかには、この公徳の意味がわからない。そうした、輩が混じっていて、この大事に、ナンチャラグランプリを行った。わが郷は関東の田舎。ならば、昔風の元からの、住人が圧倒的に、多数ではある。ならば、北関東では、コロナ罹患者が少ない。

 

まだまだ楽観は出来ない。

これからが、気の引き締め時。

   人混みは、危険な場所。   ポチとお願いします

 

 

 

 

2016 04 01 狸の皮算用【わが郷・日記】 狸の皮算用

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

   本日は 36位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録 2020 02 23 (月)    1838  PV      794  UU      649位 /  2918811ブログ

 

2020年 03月わが郷の顔【わが郷】 わが郷の顔  202003

わが郷の顔 2020年 02月【わが郷】 わが郷の顔  202002

わが郷の顔 2020年 01月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2020 01

 

2019年 12月【わが郷】 わが郷の顔  201912

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 経済対策 | トップ | クルクルパー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事