我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

批判勢力

2019年12月03日 | 日記

ご案内 

2019 12 03 批判勢力【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

議会制民主主義では、

批判勢力が必要だ。

 

現在の日本社会の停滞は、

経済の成果が、米欧だとか

支那などに流出してしまっている。

 

1970年代辺りから比較すれば、

貿易依存度が、二倍にもなってしまった。

 

でも今日は、だらだらと

とりとめの無い、話を書きたい。

 

わが郷は関東平野の、農業地帯であり。

その北辺あたりである。

上の絵は、鬼怒川のかなり上流域である。NHKテレビの番組でも取り上げられていたが。この辺りの川幅は。つまり両岸の堤防と堤防との間は、約 1㎞もある。それで、例の常総市の。堤防が決壊した辺りを、国土地理院の地図で、ザッと調べたら。300メートルとか、広くても、500メートルあるかないか。普通は上流部が狭くて、下流部は広い。とか、思われるのだが。下流部の茨城県西部辺りは、古くから水田耕作が盛んだった。治水も進んで。堤防も築いたりしてきた。それで、河川の氾濫原は、狭く限定されてきたのだろう。

 

2015 12 01 籠岩から女峰山を望む【わたしの里の美術館・日記】

 

対して、上流部では、戦前などは未開の土地が多かった。堤防だって作っていない。

ならば、暴れ川の鬼怒川は、奔流があちこち蛇行する。

鬼が暴れて、河川原はどんどん広がっていた。

 

そこに来て、戦後の治水事業が盛んになった。

堤防は作ったが、その対岸までの距離が、バンパ無い。

1㎞もある。

列島改造事業で、コンクリートがどんどん必要になった。川の砂利を採取するので、川底は結果として、2メートルも掘り下げられた。なので鬼怒川の上流部では、川水が溢れても。2メートル掘り下げた。その元の掘り残した、氾濫原辺りまでしか増水しない。

 

左近尉の小学生の頃は、普通の台風が来ても。水害で、200人ぐらい死ぬのは当たり前だった。それが、最近では。大型台風の襲来でも、100名程度の犠牲で済むようになった。これは、精力的に進めた、列島改造の成果なのだろう。土建屋のドン。田中角栄は、その政治力の強大化を、米国の支配層に恐れられた。ピーナッツ疑獄にはめられて、ついには政治力ばかりか、命まで縮められた。それに つれてなのか、土建屋政治が疎んじられる傾向に。

小沢一郎の不見識もあり、土建屋政治は馬鹿にされる。

自民党と、国土改造行政では、協力してきた。社会党が、北朝鮮の拉致事件の疑惑で、とうとう解党となった。

 

そんなこんなで、日本国の政治経済の課題は、国際貿易の自由化となった。

 

カタクチイワシ【水産物】 カタクチイワシ 魚 海産物

最近は、大衆魚でもあり、養殖の餌でもある。イワシがあまり獲れなくなった。

一寸調べてみたら。漁獲が多いのが、利根川の河口から、近い漁港だったりして。つまり、利根川から魚の餌になる。プランクトンを育む、餌というか。海藻だとか、藻を育む成分が少なくなった。新日鉄からでる、鉄鋼スラグには、不足した鉄成分を有効に補う。そうした働きがあると、様々なチームが報告している。製鉄所の廃棄物と、川底の泥などを混ぜて、椰子の繊維で編んだ袋に入れる。これを、汀の海岸を掘って埋め込む。そうすると、不足した鉄などの成分が補給されて。200倍も昆布が繁茂したのだそうな。

 

何故こんなことを調べたかというと、山林や原野では、自然の野菜だとか穀物は、ほとんど無い。それが、上手に農業を遣ると、作物は地に満ちる。ならば、海を耕せば、どうなるのか。とか、漠然と思った次第。素人の発想では、海の沖に様々に工夫して、海の畑を作る。とか、愚考した次第。

でも、実際は。波打ち際に、鉄鋼スラグなどで、施肥を行う。このような、シンプルなことで、焼けた磯が、もとに戻る。

 

さて、この辺りで、今日の話の締めくくり。

野党諸君に、政治利権の 『肥料』 が届かなくなった。

それで、脳細胞が、「磯焼け」 してしまった。

 

昨日だとかの、NHKテレビでも。町の声では、『桜を見る会、以外のことも、国会で取り上げてほしい。』 とか、サヨクNHKでも。まともな街の声を放送していた。サヨク野党の諸君も、海を耕すとかの。生産的な課題に取り組んでは、いかがかとも思うのだが。

   マグロが、わんさか捕れる海を、作ってほしい。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

  

2018 09 18 老爺の 好日。【わが郷】

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

   宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

   本日は 32位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 12 03 (火)    2659  PV      824  UU      584位 /  2899485ブログ

 

2019年 12月【わが郷】 わが郷の顔  201912

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« まほろば | トップ | 太平洋の、西の端の国。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事