我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

イギリスの主体性

2019年12月01日 | 政治

ご案内 

2019 12 01 イギリスの主体性【わが郷】
モグラ 叩き。

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

日本は遅れた、不勉強な国会議員が多すぎる。

その支持が無ければ、首相は不信任で解任される事もある。

 

こうした不安定な政治基盤の上に、

史上最長の政権を、安倍晋三氏は運営してきた。

 

基本は協調ではあるが、対韓国政策に見るように、

彼は、日本の矜持を守りたい。

 

こうした基本的姿勢が、国民に支持されているのだろう。 

 

 テリーザ・メアリー・メイ【わが郷・政治家】1956~ メイ イギリス

 

ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者は

ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者はテロ罪で有罪歴

 11/30(土) 10:38配信

   英ロンドン中心部で29日午後2時(日本時間同11時)ごろ、テムズ川にかかるロンドン橋のたもとで男が刃物で周囲に切りつけ、2人が死亡、3人が負傷した。周りにいた複数の一般人が男を取り押さえ、駆け付けた警官たちが男をその場で射殺した。男は別のテロ罪で有罪になり、保護観察中だったという。

 ロンドン警視庁のニール・バス副総監によると、男性1人と女性1人が死亡し、女性2人と男性1人が負傷した。負傷者は今も病院で手当てを受けているという。警察はまだ被害者の氏名を発表していない。

2019 11 30 ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者【保管記事】

 首相は実行犯の身元には言及しなかったものの、自分は「ずっと前から、重大事件を起こした凶悪犯の早期釈放は間違っていると主張してきた」と述べた。
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/aea1105b6acb04087e2447fb0050d4af

 

2010 12 10 縛られたままの日本【日記】 Marc Lagrange ベルギーの作家

昔から英国の政治風土は、爛れた欺瞞に満ち満ちてきた。

第二次大戦の戦火を、アジアにまで広げたのは、英国貴族政治家のチャーチルではあった。

とにかく、国民投票の結果を。そのまま実現させることは無い。こうした、わが郷・左近尉の言いようでは、ユダヤに飼われた、ポチ玉ランドの下僕達。支那の 「民主主義」 は、支那共産党の 「指導(嗤)」 の元に、制限されたもの。共産党批判は、処罰される。英国の民主主義は、カネだとかに飼われた、犬とか猫の議員らに、制限されている。

よくよく吟味すれば、卑猥かぎりない。

 

せっかく市民が取り押さえたのに、ケーサツは犯人を射殺してしまった。

『事件の真相を解明させない。』 こうした意図が、警察にあったのか。無かったのか。その辺りまでは、左近尉の電波が届かない。

2019 11 30 二大政党【わが郷】 二大政党 わが郷

何故に支那の、女スパイ。蓮舫が、国会でのうのうと出来るのか。普通ならば、種々の法令違反で、逮捕されて当然のこと。是も、昨日書いたが。本当は安倍政権、というより、多くの特ア系議員で構成された、自民党の政治も反日なのだ。自民党は、本質的には戦後進駐軍政策で、デッチあげられた反日政党なのだ。そのなかで、安倍政治は呻吟してきた。政治的な一つの結果は、大幅な金融緩和という政策だった。これで、日本経済は。世界経済の牽引役。これを何とかこなしてきた。

 

わが郷・左近尉が望むのは、日本国の繁栄と、世界の平和。秩序維持に貢献できる。そうした日本のリーダーシップを発揮できる政治なのだが。経済の発展を阻害しているのが、低コストで企業利益の確保。これって、中学生にでも判ること。縮小再生産の、スパイラルに落ちる。経済の破壊政策なのだ。対して、支那は。米欧そして日本から、開発資金をかき集めてきた。つまり、ユダヤ金融は、次の宿主先をチャイナと定めた。でも、支那人はしたたかだ。そして、支那人の恐惨党は、ユダヤさえも騙したのか。今だって、国際構造改革で、支那を高度に発達した工業国にする。なんて、妄想を描いている。ポンツク脳みそが多すぎる。

工業化が進めば、民主主義が徹底する。

なんて、どこの馬鹿が考えたのか。

 

敵地攻撃力【岩淸水・言葉の説明】 敵地攻撃力 世界の軍装備

 

 2017 11 20 敵基地攻撃の 巡航ミサイル。【わが郷・軍事】 2018 04 26 錆びた、真剣を研ぐ。【わが郷・軍事】  2019 02 11 日本の核武装【わが郷】 日本の核武装 わが郷

既成金融利権の、ユダヤ・マスコミ。そのシンジケートは絶対に書かぬが、もうユダヤの時代は終わった。

妙にユダヤ軍産に忖度する。トランプ氏の中東政策だって。ユダヤの因業さが、際だって世界の耳目に晒される。これって、ある意味。反面教師の意図も内包されているのだろう。もう、マスコミの嘘に騙されない。そうした醒めた視覚の人々が、社会の中層上部には、満ち満ちてきた。日本の場合は、やんごとなき御門さまが、実質憲法を無効にしてしまわれた。

九条の戦力不保持。これは、アホだねえ。米穀のゴロツキが、軍産の売り上げほしさ。それで、とうの昔に、反故条項になっている。

大切なのは、内実の伴わない。スコラ学的な憲法論議をすることでは無い。射程 1000㎞の攻撃兵器を実際にもつことだ。役にも立たない。実体は日本を扼殺する、荒縄。これが在日米軍なのだろう。つまり、米軍の役割を、間違った解釈で肯定する。是も、サヨク平和主義と同じく、日本の軍事的な自立を妨げる。そうした、デマゴギーでしか無い。敵は、味方のふりをして、ナイーブな人々を騙そうとしている。

 

警察は市民の安寧を守る。

とか、信じていたならば。実際はテロリストを泳がせて、時には指示を与える。テロルの巣窟だったりして。

そう勘ぐれば、せっかく生かして捕らえた、犯人を射殺した。その理由が説明できる。

 

まあ、ものの見え方は。各個人の考え方によって、真反対にも見えてしまう。

   安倍政権だって、サヨク反日なのだ。   ポチとお願いします

 

もちろん。サヨクの各党。各議員は、屑以下の存在なのは、知れたこと。 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 11 30  ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者は Yahoo

 

 

   本日は 32位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 12 01 (日)    2528  PV      839  UU      601位 /  2899198ブログ

 

2019年 12月【わが郷】 わが郷の顔  201912

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 二大政党 | トップ | まほろば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事