我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

細菌兵器

2020年01月24日 | 日記

ご案内 

2020 01 24 細菌兵器【わが郷】
梅の花 一輪 わが郷

映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

武漢は 交通が、封鎖されている。

わが郷は、

ある意味で、デンパな記事が売り物だ。

 

田舎に引きこもった、爺さんの与太ばなし。

とか、見る向きも、それなりの見識だ。

 

でも、

カルロス・ゴーン氏の、顛末の予測は。

もう、何年も前から、フォローしていた。

そして、左近尉のイメージした、展開となっている。

 

バイオテロ【課題分類】 バイオテロ 課題分類

 

WHO、緊急事態宣言を見送り 新型肺炎で意見二分

2020/1/24 3:57 (2020/1/24 5:57更新)

【パリ=白石透冴】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について世界保健機関(WHO)は23日、2日連続となる緊急会合を開いた。各国の専門家らが「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを討議したが「時期尚早」との理由で見送った。テドロス事務局長は会合後の会見で「緊急事態に当たるどうかで意見が割れた」と語った。

2020 01 24 WHO、緊急事態宣言を見送り【保管記事】 ← 記事の全文は、クリックしてご覧ください。

WHOは「国際的な拡大で、他国に公衆衛生の危険がある」「国際的に協調した対応が求められる」などの条件を満たした時に緊急事態の宣言を出す。直近では2019年7月にアフリカ中部のコンゴ民主共和国で広がったエボラ出血熱に対して出した。
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/e6a6b4afccc931e3331844933958e503

 

2011 01 02 梅の花 一輪 【わが郷】バイオテロ

ウイルスが黄砂に載ってやってくる。日本まではるばる飛翔してきても、感染力を保持したまま。ならば北京で、インフルエンザが流行れば、東京でも黄砂飛来のあとは流行るのか。莫迦言うなではある。これが、口蹄疫の話になると、
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/c465d660f0c3ecff0977e130b544ddfd

 

武漢は、新型の兵器級ウイルスの、

実験場にされた。

 

とか、マスコミは、絶対に。口が裂けても、言うことはない。

まあ、根拠のない仮定の話だ。爺さんの妄想だと、読み流せば良いことだ。マスコミは確定的な、「事実」のみ報道する。なんて、信じられている。ネットなどでは、あやふやな「お話」が、流布される。でも、例えば消費税のこと。マスコミは、『社会保障政策の継続的な維持の必要性』 とか、本当は企業減税で出来た、税収の穴埋め。これが真実なのに、インチキを散々ながしてきた。そして、わが郷・左近尉の説明が正しかったことは、様々なデータにより、証明されている。

 

 エセ 保守議員の 腹の内 【わが郷

子宮頸がんワクチンの接種は、ある意味で。バイオテロだとも、言えてしまう。現実に多くの副作用で、苦しんでいるいたいけな、生徒さんが大勢でている。こうしたことの宣伝をした、女性議員等は、性悪なのだろうか。そうかも知れぬが、ただの医療知識に乏しい、お馬鹿なのかも知れない。いつぞやの国会議員の話を、思い起こせば。やっぱり、この方達の「常識」なんて、高校生程度なのだろう。

とにかく、生ものを扱う。市場などで、ドカッと散布する。例えば鶏肉だとか、豚肉にウイルスを、塗したものを持ち込む。そうでもしなければ、あのように一カ所で集中的な発生は、起こらないだろう。そして、もしも、ある種の集団にとって。広範囲の感染が広まり、社会の中に、一般的なインフルエンザと同じように、「定着してくれる。」とか、なってしまえば、製薬会社などは、ワクチン販売で、大もうけが出来る。そうならなくても、実験ができて、彼だか彼女だかの、歪んだ好奇心が満たされる。

広島・長崎への原爆投下を、実行したアメリカ支配層は、今でも謝罪していない。日本がアジアを侵略したから、ああなったと。説明にもなっていないが。韓国政治の傲慢のように、絶対に反省などしない。わが郷・謂う湯田屋は、一般の人々を、家畜だとか実験動物ぐらいにしか、見ていない。そうしたおぞましい人々が、医療界の一部に、蠢いている。

癌の三大治療は、害ばかり有って。益なんかない。

こうした真実を、医療界では、なかなか言えない。

 

とにかく、この新型ウイルスの、感染力が強くは無い。そうあってほしい。最初に、大量のロットを、撒いた。そうしなければ、今回の感染は、引き起こせなかった。そして、このウイルスは、次々と感染を引き起こして。社会の中に、定着する。そうした力は、無いのだろう。まあ、支那政府には、いろいろと厄介な問題がある。支那人民に、取り憑いたウイルスのような。でも、今回の事件は、支那政府にとっても、国民にとっても、厄介な事件ではある。今まで起きた、奇妙な病気の流行は、ほとんどみんな収まって、再発がない。つまり、人為的な疑惑が、非常に強く。推認されることだ。エボラなどの攻撃は、アフリカの政治力の殆ど無い。そうした地域だから、何度も攻撃されてしまう。日本はある程度、医療の知見を弁えている。そうした人々が多ければ、狙われることも、少ないのだろう。

そして、わが郷・左近尉のように、突飛でも。テロの可能性。この警鐘を鳴らす。

こうした、記事を敢えて提供する。

その意味は、ある程度。あると思われる。

 

ネットの爺さんだから出来る、酔狂ではある。

   とにかく、   ポチとお願いします

 

 

 

 

2020 02 21 ホットスポット【わが郷】 ホットスポット わが郷

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

   本日は 33位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2020 01 23 (木)    1287  PV      760 UU       724位 /  2908169ブログ

 

わが郷の顔 2020年 01月【我が郷の顔】 わが郷の顔  2020 01

2019年 12月【わが郷】 わが郷の顔  201912

2019年 11月【わが郷】 わが郷の顔  201911

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 専制主義 | トップ | バイオテロ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事