我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

玄葉光一郎

2011年03月10日 | 政治家

ご案内

 

玄葉 光一郎(げんば こういちろう、1964年5月20日 ‐ )

衆議院議員(6期)。現在、公務員制度改革、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画担当)、民主党政策調査会長。

松下政経塾出身。福島県議会議員(1期)。

夫人の父は、佐藤栄佐久 (元福島県知事)である。

 

 

 

2011 11 25  ふざけるな!玄葉外相 【現代ネット】

2011 11 25  玄葉外相訪中で稀に見る厚遇 【レコードチャイナ】

2011 11 23  首相来月訪中へ調整を確認 【NHK】

2011 08 02  野田新首相:財務相に岡田氏、外相は玄葉氏内定 【毎日  

2010 06 09  アメリカのチャレンジ 【わが郷

 金との交換性を欠いたドルは 

 狐の頭に載せた木の葉にすぎない。

 玄葉光一郎政策調査会長は「次の衆院選後に消費税を含めた税制抜本改革を行うと参院選のマニフェストに書かなければいけない」と語ったワケだが。これも眉につばをつけて看ないとバカされますぞ。選挙直前は国民に受けない「消費税」には封印する。しかしその後は、「財界や官僚」うけを狙って「消費税を騙る」のがお愛想。消費税の効果を期待する馬鹿者は、世襲のアホな経営者か現実が見えない、ポンツク官僚ぐらいのもの。玄葉氏の言葉を透かしてみれば「あと3年は消費税は上げない。その先は衆議院選挙後のこと。そんな先まで考えてどうするんだ莫迦野郎」であろう。( アメリカのチャレンジ )

 

 

 

   わが郷
わたしの里 美術館         わが郷 HOME  

コメント   この記事についてブログを書く
« 後藤田正純 | トップ | 口は禍の元 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治家」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事