我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

摩訶不思議

2019年09月19日 | 政治

ご案内 

2019 09 19 摩訶不思議 【わが郷】
お金を 稼がせる

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

摩訶薩の意味は、Wikipedia によれば

 摩訶薩(まかさつ、サンスクリット:Mahāsattva マハーサットヴァ)は『般若経』に頻出する仏教用語で、必ず菩薩(サンスクリット:Bodhisattva、ボーディサットヴァ)と一緒に菩薩摩訶薩というかたちで使われる。その意味は、菩薩は「覚りを求める衆生」であり、摩訶薩は「偉大な衆生」である。

『般若経』成立以前の、般若経典編纂者たちのいわゆる小乗仏教時代の菩薩という用語は、成道以前の釈迦の称号であったが、『般若経』では『覚りを求める衆生』と意味が拡張され、大乗仏教の立場で覚りを求める意義を強調するために摩訶薩を付加するようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%A9%E8%A8%B6%E8%96%A9

 

 

2019 09 10 信賞必罰【わが郷】

とにかく、株価至上主義。 これで、手抜きの、粗悪品を作らせてきた。 その悪行を、真摯に反省する。

羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/49c039f355cb6e97b7b1b5df4f29480a

 

月光菩薩【わたしの里美術館】

行ぜよ。行ぜよ。 行じぜめよ。 それで、遂には彼岸に達することができる。

まあ、ぶっちゃけ謂えば。死ぬまで、彷徨い続けるしかない。

この迷いの道も、解釈によっては、至福の時ではある。

 

ならば、わが郷・左近尉も、

羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶

との真言を唱えつつ。

 

 

やっぱり、石油施設の攻撃は、自作自演であったげな。

ドローンで攻撃された。とかいふ 石油施設の復旧が、とてつもなく速い。

   米穀【岩淸水・言葉の説明】 米穀 ことばの説明

これって、実は。無人機による攻撃ではなく。まえもって、発火だとか爆発のシカケが施してあった。テレビ写りでは、とてつもない攻撃のように、「インスタ映え」の良い絵が、世界中に配信出来た。それで、石油価格は急騰した。頭の熱い小金持ち。こうした紳士織女諸氏が、小臭い金融スジに カモ られた。ならば、石油施設の復旧を、トットと仕上げて。石油価格が下がったところで、お約束の。先物買いで、がっぽりと儲ける。こうした、トリックが使えるのは、怪しい。金融世界の伏魔殿。プロにしかできない、芸当なのだろう。

 

2012 10 12 大川の蕎麦【花暦】 カモを、逃がす。

とか、独りゴチながら。我、左近尉は修行の径を辿っている。

 

2018 11 01 ストロー構造の実態。【わが郷・歴史】 ストロー構造の実態。 【わが郷 

津波対策を忘れていた。

とかではなく、これもある意味での「自爆攻撃」で、あったとの見方もできる。結果として、反原発の空気を醸成することに、大成功とか自画自賛。これが、わが郷いう、湯田屋の夜郎自大のお目出度さ。それで、当時の役員らは。みんながみんな、海外などで優雅に暮らせる身分となった。まあ、でも彼らの道にだって、面倒な司法の落石が転がっている。

 

2009 12 07 いたづらにわが身世にふる【わが郷】アラジンのランプの怪人、魔人ジーニーこそが、イルミナティの実相である。

魔法の絨毯の上に乗り。

下界を眺めれば、値上がりを見越して買った。石油の債権が、あっという間に、シャボン玉。

これが、現代も摩訶不思議な世界の、写し世。湯田屋のデマゴギーに惑わされる。そうした衆生の姿がよく見える。

 

とにかく、人々は。己の信じる道を行くしかない。

 かぼちゃ

わが郷の左近 爺。行く道は、ナスとかトマト。今年は、ピーマン類が豊作だった。ピーマン類は、暑い日差しが嫌いなのだ。それで、大雨の今年は、当たり年だった。 それと、小臭い金融の世界は、遠いアラブの千夜一夜。儂等、庶民は。実物の野菜や果実を、愛でて楽しむのが。分相応というものか。

 

わが日本国の、ミギやヒダリ政治家・諸先生には、アラブの世界は遠すぎるのか。それでも、わが宰相・安倍晋三氏は、イランの要人と会談するそうな。こんなところで、わが首相は火消しに励んでおられる。この辺りの律義さが、日本国民一般の支持を集めている。そして、この重大な平和的意義を解さない。サヨクは、お馬鹿と蔑まれている。国際情勢の鎮静化に余念がない。わが首相に陰ながら、声援を送りたい。

 

子供目線の、サヨク諸君。

 子供の 目線

どうせ、現・安倍政権を批判するならば。この程度の高見まで、登れる。全知全能の絨毯でも、誂えてみればよい。

 

15だとか、16歳の少年少女には、高い壁の向こうの別世界。

 

   たぶん、そうだよね。とか、思ったら……。  ポチとお願いします 

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

ラブユー東京 Love You Tokyo 【Tube】 ラブユー東京 Love You Tokyo

 

   本日は 34位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 09 19 (木)    2591  PV      956  UU      374位 /  2887787ブログ

 

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

 

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908その他 

わが郷の顔 2019年 07月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201907 その他 

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント   この記事についてブログを書く
« 怪しい | トップ | ヤクザの親分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事