マガジンひとり

人権と民主主義を尊重し、自由民主党・日本維新の会の政策に反対します

芸能界を去った2代目ケンちゃん・岡浩也

2011-11-03 21:57:43 | テレビ・芸能・スポーツ
けさ、っつっても世間では昼ですが、PCを立ち上げて、ツイッターに連動して画像をアップできるTwitpicをチェックしてみると、アップしておいたはずの画像のうち、市販の写真集や雑誌グラビアを撮影した、黒田エイミと神田うののヌード画像が消え失せている。複数の注意や違反報告が寄せられる、あるいは巡回ロボに引っかかるなどして、削除されたのでしょうが、まあ、そうだろうなという気もします。







きのうのツイッターまとめにも含まれてたんですけど、本来、その回のまとめでは、この「2代目ケンちゃん」こと往年の子役俳優・岡浩也くん(おかひろや、1967年生)の映像をVHSビデオからDVDにダビングして永久保存した件が目玉になるはずだったわけ。それが、検索の急上昇ワードに「黒田エイミ」とか出てるもんだから、ついつい、安直なやり方をしてしまって。
映像をサルベージすることができた岡浩也くんは、もはや忘れられて、あの人はいま状態なので、注目度も低く、Twitpicにアップした画像も無傷で。
これこそ、弊ブログでなければ果たせない役割として、堂々とお目にかけたい。かわいいでしょ。美少年でしょ。1960~70年代に絶大な人気を誇った、ホームドラマのケンちゃんシリーズで、初代ケンちゃん・宮脇康之の成長につれ、彼のこまっしゃくれた弟・ケンジ役で74年に初登場。以降8年間、同シリーズに出演し、この『なかよしケンちゃん』を最後に卒業。
作中では中1で、妹・弟もできており、実年齢は15歳・中3だったそうで、ホモホモ当時のオラにとって、芸能界・テレビ界では断然この子がストライク・ゾーンでしたね。BLの先駆者でもある作家の森茉莉も注目してたみたいだけど。
近年、稀な素材として現れてきた西島隆弘くんとも、ちょっと顔立ちかぶるところあるね。こういう顔に憧れるんだねェ~
ただし、西島くんは巧みな女装もこなすいっぽう、ダンス&ボーカル・グループのリーダー格として、女子からキャーキャー言われる正統イケメンとしてもつぶしがきくのに対し、↑の海パン姿などご覧いただいても、岡くんは貧弱でしょう。オラはこういうのが好きなんだけど、子役から脱皮して大人の俳優、あるいはほかの道でも芸能界でやってくのは難しそうな。
顔はかわいくて利発そうだが、なで肩で痩せてて、スポーツとかぜんぜん苦手そう。
ところが!!ドラマの中では、かっこいいお兄ちゃんとして、サッカーやマラソンが得意という、無理のある設定。弟たちが見守る前で、逆立ち歩きや懸垂をやってみせたりするのだが、↑画像をご覧のように、逆立ちでも懸垂でも下半身は決して映らないのだ。ホントはできないんでしょうね。どんな気持ちで表情作ってたんでしょ。



今年の始めに、「圧縮された人生」と題し、ケンちゃんといえばこの人をおいてない、宮脇康之さんのことを取り上げた際、使った画像↑。父母役の牟田悌三・岸久美子さんの笑顔がぎこちないことにお気づきの方もあろう。
子役が中心のドラマ制作の現場で、スタッフのあつかいやロケで泊まる部屋なども、最高級の特別待遇を受けた、宮脇さん。おそらく制作側としても、子どもに仕えて稼ぐのが内心不満で、あえて、子どもを特別あつかいしてチヤホヤして、彼をテレビ・芸能界以外では生きていけなくさせてしまおうとの底意も流れてたんじゃないか。実際彼は、売れなくなってからも、テレビから呼ばれれば「夢よもう一度」となる人生を送らざるをえなかった。
2代目として、そうしたことも目にしたろう岡くんは、シリーズ卒業後数年で賢明にも芸能界を去り、北里大の医学部で勉強して、精神科医として現在も活躍中とのことだ。



しばしば集合ゴミ置き場から雑誌を拾ってくるんだけど、同じように内容のほとんどが芸能ネタで埋められていても、女性週刊誌に比べ、フライデーやフラッシュは品性下劣に感じ、楽しめない。悪い噂や取るに足りないゴシップでも、なんの話題にもならないよりは、芸能人にとって宣伝だ。宣伝してもらう芸能人と、それでページを埋めるマスコミは、共依存の関係にあるともいえよう。
すなわち、いわば同じ穴のムジナなのに、男性誌は妙に正義ぶって、不品行をあげつらう傾向が強い。
共依存といっても、芸能界は、ヤクザ者や不可触賤民が自己責任で築き上げてきた共同体の面を持つが、マスコミは宣伝してやるからといって、それにタダ乗りして商売してるわけでもあるでしょう。
政財界やマスコミ全体にも自前のコネクションを持つ新潮社などは、芸能界に頭を下げてまでタダ乗りしなくてもよかろうと、写真週刊誌をやめてしまったけれども、講談社はいまだに正義ヅラでぶら下がってる。そりゃあ訴えるだろ、紳助・吉本も。
話を戻すと、黒田エイミや神田うのの画像が削除されたことで、ああ、オラも男性誌みたくなってたな、言ってることとやってることが違ってたな─と反省を迫られ、これから芸能ネタをあつかうにしても、もうちょっと弊ブログなりの切り口を考えて改善していこうと思った次第であります。

コメント   この記事についてブログを書く
« マガジンひとり on Twitter -... | トップ | Top 20 Hits of 11-05-2011 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ・芸能・スポーツ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事