和田山企画 公式ブログ

山口県下松市にある、フリーランスのライター・ディレクター・イベンター、大橋広宣の個人事務所・和田山企画の公式ブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秘密のケンミンSHOW!

2008-02-03 08:16:47 | Weblog
昨年末、僕が所属している「長岡外史顕彰会」事務局長のTさんから電話があり、「長岡外史がテレビで取り上げられることになり、インタビューはあんたが受けてほしい」ということだった。

「長岡外史」は、下松市出身で、明治から大正にかけて活躍した軍人・衆議院議員で、軍事用に導入されたスキーを一般に広めたり、航空の大切さを自ら飛行機を操縦して全国で訴えた人だ。

そのスケールの大きさ、ユニークさは抜群で、スキーを広めるときは協会を作ったり東北の各県知事に普及を促すだけでなく、自ら女性や子供に教え、スキーの手ぬぐいや饅頭、雑誌まで作り、スキー汁なる料理まで考案して広めた。

また航空を広めたときも、国があまり熱心にやってくれないと見るや、軍隊をやめて衆議院選挙に立候補し、国会議員になって取り組んだ。リンドバーグなど世界の航空家と親交を結び、羽田に国際空港建設を唱えたのも外史。関東大震災のときは、日本初の航空郵便も手がけた。

そのほか、日本で初めて交通安全運動や動物保護運動も手がけた、と言われており、とにかく多彩な人物。彼の根本は「人を差別しない」「人の幸せのため、先駆となって取り組む」ということであり、スキーは雪国の人々の生活のため、航空は来るべき人々の利便のため、彼は何十年も先を走り続けた。

そんな外史は風貌もユニークで、69センチで世界一だったという横に長~~いカイゼルひげ(プロペラひげ)なのだが、今回のテレビは長いヒゲを持つ外史の石像がユニーク、ということで、日本テレビ系で読売テレビ制作のバラエティ「秘密のケンミンSHOW!」が取り上げてくれたのだ。

この番組の中の、出演タレントたちが価値あるものかどうか認定する「世界ケンミン遺産」のコーナーで、外史像が紹介され、僕がどんな人物か紹介する、ということでインタビューを受けた。

番組では僕のインタビューも使われていて、外史がどんな人だったのか、ということと、ヒゲが世界一だったことを写真で紹介する様子が放送された。あとはナレーションなどで外史のヒゲはドイツのカミソリのパッケージにも使われ、商品名は「HIGE」だったことなどがユーモラスたっぷりに紹介された。

本来なら顕彰会の会長か事務局長が出演するべきなのだが、Tさんが「しゃべれて若いのがいいだろう」と僕を推薦してくれたのだ。申し訳なくも有難い。

ちょうど取材の日は年末イベントの真っ最中で、僕は現場を2時間ほどバイトの方にまかせ、笠戸島の国民宿舎大城駐車場にある外史公園の石像まで行って、インタビューを受けた。

全国区ということならNHKの教育テレビに何度も出ているし、地元のケーブルテレビにも出ているのだが、さすがに民放のバラエティは反響が違う。放送終了直後、長い間ご無沙汰だった友人たちからいっぱい電話やメールをもらったし、翌日、街で知らない人たちにたくさん声をかけられた。

バラエティ恐るべし、である。

ちなみに外史像は無事、世界ケンミン遺産に認定されました!!やった!

コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頑張ってます! | トップ | お久しぶりです!!! »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゲッターロボG? (ひいちゃんパパ)
2008-02-11 00:25:33
残念ながら、「秘密のケンミンSHOW!」は見逃しましたが、外史像はネットで検索して見ることができました。

見た瞬間、”ゲッタードラゴン???”って思ってしまったのは、僕だけでしょうか。(*^_^*)
すみません・・・ (和田山企画)
2008-05-24 03:42:51
ひいちゃんパパさま、お久しぶりです。

ずっとコメントしなくてすみません…。

なんだか、日常の忙しさに身を任せていますが、このブログに取り組むことも、自分の大切な部分と決めて、頑張ろうと思っています。

さて、ゲッターロボGとはまたマニアックな…。確かに、そう見えるかも、ですね。

僕はやっぱり、形としてはかなり無理があったけれど、最初のゲッターロボが好きです。

ささきいさおの主題歌、好きでした。
Mちゃんの結婚式でお世話になりました (小嶋豊城)
2009-04-29 13:07:01
大橋様
日曜日にあったMちゃんの結婚式の司会お疲れ様でした。新聞記者としてだけでなく司会、プロデユースのほうでの才能も開花されておられるとのこと、嬉しくも羨ましくもあります。ブログ拝見させて戴き、外史とも深い関係のあった児玉源太郎と彼が作った世界で最初の大規模な個人文庫(図書館)・・・「児玉文庫」(旧徳山市にあったが戦争で焼失)をケーブルテレビ等で取り上げて戴きたく存じます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事