わだつみの華

あなたの心という大海原を
心地よい風が渡っていきますように

(記事はリンクフリー)

(漢詩)無 題(十)

2017-07-01 09:54:04 | 癒し
美者真実求相愛者神之心顕

真者大我生諸々之生命之法

為即三者一体也


美は真実を求める相(すがた)
愛は神の心のあらわれ
真は大我にして
諸々(もろもろ)の生命は大我(神の愛)
を法(のり)として生く。
すなわち、美愛真は一体なり


 美愛真は、宇宙を支える万法である。
 すなわち、調和と愛と平和の気をみたす
ものである。

 美とは人間(宇宙人類)が真実を求めて
生きるすがたをいい、愛は、宇宙心のこころの
あらわれを指している。大愛そのものである。

 真は、宇宙と同義語である大我をこの場合は
しめしており、宇宙の法則である神の愛
によって、もろもろの生命は生かされ
変化し、滅し、また生まれ、ついに光となって
ゆくのである。

 つまり、美愛真は、宇宙をあらわした言葉
であって、宇宙、そこにいきる我々
一人びとりの生命をささえる土台となって
いるものである。
『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (漢詩)無 題(九) | トップ | (漢詩)無 題(十一) »
最近の画像もっと見る

癒し」カテゴリの最新記事