わかめろの日常生活

あれこれ書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンガ『藤子不二雄A ブラックユーモア短篇集 1・3』

2009-01-20 22:48:20 |  本 
以前、たまたま買ったら②巻だったブラックユーモア短篇集の、①巻と③巻です。古本屋を探し回り、やっとこさ見つけました。
これで全3巻揃いました。

〈①巻収録作品〉
不器用な理髪師
内気な色事師
無邪気な賭博師
一本道の男
諸芸百般道けわし
魔雀
夢魔子(全5話)
ひっとらぁ伯父サン
ひっとらぁ伯父サンの情熱的な日々
ブレーキふまずにアクセルふんじゃった
マグリットの石

〈③巻収録作品〉
なにもしない課
黒イせぇるすまん
社長幼稚園
明日は日曜日 そしてまた明後日も……
恐喝有限会社
喝揚丸ユスリ商会(全7話)
水中花
赤紙きたる

①巻になつかしの夢魔子が収録されていました、ヤター!久々に読んでも、夢魔子の美しさにはメロメロですね。北島マヤのように、黒目が吹っ飛んで白目をむくところがお気に入りです。
「不器用な理髪師」の発展ヴァージョンが、笑うせぇるすまんでも描かれていましたが、カミソリで顔を剃られるのは絶対嫌だと思わせてくれます。
「内気な色事師」は正に今で言う“ストーカー”。作中で出てくる先生の字がとてもキレイなので、毎度それにウットリします。
「ひっとらぁ伯父サン」の連作も、ブラックユーモアたっぷりで面白い作品です。

③巻のイチオシは「明日は日曜日 そしてまた明後日も……」です。数十年前の作品とは思えない程のリアルさで、今現在で言うところの“引きこもり”が描かれています。しかし弁当に汁物は入ってないようす…。
突然の展開すぎて笑ってしまったのが「社長幼稚園」。
「黒イせぇるすまん」は言わずと知れた、「笑うせぇるすまん 」の原型です。

F先生の「異色短編集」全4巻を読んでも思った事ですが、A先生もF先生も、「先見の明」をお持ちですよね。先生方が20年も前に書いた事が、20年後の現在、当然のように起こっているのですものね。
これから先も、こんな偉大な漫画家が出てきて欲しいものです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちの猫の糖尿病 いま現在 | トップ | 映画『その男 ヴァン・ダム』 »
最近の画像もっと見る

 本 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事