花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

生きたように

2019年01月10日 09時39分50秒 | 日記

呆けるとき人はこれまで生きたように呆けると聞いたことが
あります
それは怖いこと
もう手遅れかもしれないけど 私
あまりだらしなくではなくて少しでも品格を保ち
怒声を張り上げたり暴力をふるったり
周囲に迷惑を掛けないように
静かに可愛く呆けていたいもの

もしも母が呆けたなら私のすべてを奉げて母を守ることが出来たかも
でも母は全くそんな心配をさせず私より頭脳は冴えて背筋もまっすぐで
もしも私が呆けたなら私は誰を頼ればいいのかしら

徘徊を繰り返しておられた人の家族から聞いたことがあります
さも用事があるように速足で歩いて行かれるのだそうです
家族の人はその人が粗相をされたときのため下着を持って
後をついて歩かれるのだそうです

もし私が徘徊を繰り返すとき誰がお伴をして下さるかしら




冬の庭で今年のキンカン
もう少し沢山熟れたら美味しい甘露煮を楽しみに
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 少憂多眠(くよくよせず、よく... | トップ | 暖かな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (turuhanasuki)
2019-01-11 15:40:54
私は、爺さんですが、どうゆう風に呆けるのかわかりませんが、認知症の母を見てきているので、できる限り常日頃可愛い
く呆けたいと思っていますが・・・・・。

時々お邪魔しますのでよろしくお願いいたします。
可愛く (fuyou)
2019-01-11 20:08:30
turuhanasukiさま

こんばんは
そうなんですか
お母さまが認知症で
きっと可愛くていらっしゃったと想像いたします
私共もやがていつか行く道かと想います
turuhanasukiさまの言われるように可愛く呆けたいものです
周囲をほんわかさせるようなこともいいですよね

これからturuhanasukiさまのきれいな写真を楽しみに見せていただけますこと感謝です

読者登録ありがとうございます
私も登録させていただきました

明日も佳き日でありますように

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事