花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

新春だから

2019年01月12日 09時46分01秒 | 趣味
先日の詩吟教室では事始めで「宝船」(藤野君山)を合吟したのです
壽海 七福 金銀 玉船などお目出度い言葉が沢山並び
新春らしい新鮮な気分になります
やがて詩吟の新年互礼会では先ず全員で合吟になりますので
その準備にも

今年の吟題について私は「落花」(徳富蘇峰)を学んでいたのですが
師は今回私に「有感」(山崎闇齋)を向けてくださいました
年末から新年にかけて少しずつ練習を重ねた結果
少しだけお褒めいただきました
初心者には甘いのです
しっかり叱られるようにならないと





寒さに負けず
侘助はたくさんのつぼみを次々開きます


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 暖かな | トップ | 1500日に »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さと さとみ)
2019-01-12 10:50:56
読者登録ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
こちらこそ (fuyou)
2019-01-12 14:09:21
さと さとみさま

こちらこそ 登録ありがとうございます

気に入った傘 盗難に遭うと悲しいですね
好きなものは長く傍に置いて大切にしたいですもの
合吟 (越後美人)
2019-01-12 14:19:05
大勢で吟ずる声は素晴らしいですよね♪
お腹に響いて、胸にも響きます。
お稽古の結果褒めて頂けて良かったですね。
一緒に活動する仲間がいるのも素晴らしいことですね。
風邪に注意されて、晴れの日に向けて頑張って下さい(^_-)-☆
晴れの日 (fuyou)
2019-01-12 16:05:25
越後美人さま

驚きですよね
私って 無知だから
詩吟を習ってしずかに自分の部屋で呻るものと思っていました
だから発表会で出場することはなかなか決心できませんでしたね
皆さん抵抗なく晴れに日に向かわれるのですね
その晴れの日を超えて一段と成長あればよし
かも
そんな頼りない初心者の私ですがまた今年も
背筋を伸ばして顎を引いてお腹に力を入れて
声を出します
聴いていてくださいませね

コメントを投稿

趣味」カテゴリの最新記事