花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

こころからの

2018年08月09日 09時42分07秒 | 日記

この頃になるといつも思い出すのです
先の戦争終盤でだれもが平穏なこころを持つことは困難な折の筈です
あの原爆の日のことです
私の母も被爆して家の下敷きになり見上げると微かな一条の光が見えたので
それをたよりに這い出して一目散に戦火の市内を逃げ惑い
とある静かな住宅地に辿り着き一軒の見知らぬ家の玄関に立ったそうです
夏の普段着の和服細帯一本で裸足そして逃げる途中で
黒い雨を頭から全身に被っていて
そんな汚い姿の見知らぬ女性を
その家のご婦人は招き入れてまずお風呂にはいらせて着替えを整えて
麦ごはんの食事を提供して
「これからいか程の金子があれば目的地に行けますか?
多くお渡ししても失礼にあたりますから」と

原爆投下の事は未だしられていない時刻だったでしょう
大変な事態が生じたことは母の姿から察し出来たかも
黙って玄関の戸を閉ざして追い払われても仕方のないものを
よくぞこころからの優しいご親切な対応をしていただいたものと
あの時の事をおもうといつも
手を合わせて拝みたい気持ちになるのです
そうなのです 母は地獄で仏をみたのです

そして思うのですいつか誰かが大変なことに遭遇した時
私が自分に出来る限りの最高の親切な対応をしなければと
そのことがあの時の母が受けたご親切へのご恩返しになるものと



今年も野牡丹のつぼみがふくらんできました









































ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 白内障 | トップ | 虫の音 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
優しい方のお蔭 (maria)
2018-08-09 20:40:59
終戦後は皆さん大変な思いをして生き延びて来られたのですね、、、
お母様を助けて下さったその優しい方のお蔭で今があるのは本当に有難いことだと思います。
fuyou さんがいつもお優しいのも良く納得できました(^.^)
私の母も彫刻家の私の父を急性肺炎で亡くし、たくさんの兄弟や一家の方々、周りの人々のお陰で今の私達が居ます。
人から受けたご親切はその人に返せなくても、人に親切にしておけば巡り巡って行くものだといつも話していました。
人という文字の様に支え合って行けたらと思います。
お蔭さま (fuyou)
2018-08-10 08:05:58
Mariaさま
おはようございます
本当にお蔭さまです
戦時中のこと物資も乏しく食べる物も少なくて
そんな時代に見も知らぬ放浪者のように汚くなった母をやさしく親切に対応してくださったこと只々感謝です

私にとっては
決して忘れることは出来ない人間わざとは思えないほどの尊い思い出です

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事