花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

遅くても

2017年05月12日 08時24分03秒 | 日記


裏庭では一段と遅くに芍薬が花を咲かそうとしています
遅くったっていいじゃないですか そっと見守ります
人の成長も階段を一段ずつ登るようなもので決して二段跳びは
ないものと心理専門の方から聞いた記憶があります
子育てでも大切な思春期 青春期など親子は体験しますが
そういえば我が家の息子派手な反抗期は体験しなかったようです
それも少し寂しいし問題かも
反抗期に親子が派手に対立することはあっていいと思うのですが

ある日成長した息子が主人のいない処で主人を非難することを言った
ので
「反抗期かしら」と私が言うと
「お父さん 反抗期ですか?」と息子が笑うのです

いいえ あなたのことですよ



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少し面白く | トップ | 赤い実 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愉快ですね♪ (越後美人)
2017-05-12 09:43:31
息子さんは根がおっとりとしているのでしょうか、冗談ではなく、
本気でそう言われたような気がします^^

でもいうもそんな風に切り返していたら、問題も問題でなくなるかも知れませんね。
私も使わせて頂こうかな(^^♪
主人と喧嘩した時に「お父さん、反抗期ですか?」と。
うちの場合は「それはあなたでしょ!」と言われそうですが(^^;

このお話、fuyouさん宅ならでは微笑ましいですね(^_-)-☆
いろいろと (fuyou)
2017-05-12 21:50:22
越後美人さま
こんばんは
越後美人さま宅の喧嘩も優雅ですね
「お父さん、反抗期ですか?」
私も一度言ってみようかしら
過去を振り返ってくすっと笑ってしまいそうなこと沢山ありますね
だから生きること素晴らしいです
手探りの子育ても思いがけないプレゼントを貰ったものですね
ありがとうございます
長男と長女 (tango)
2017-05-13 08:43:24
長男はわがまま・マザコン
長女はおりこうさん!
2人とも反抗期がないのですが長男は
好きなことをして私に苦労を掛けて若死にしました
親より先に亡くなる悲しみは悪いことをしても
生きていて・・と願うばかりです
時間がたっても忘れられません(^_-)-☆
孫育てに癒される私です
冗談が通じる若者は好きですよ~~
シャクヤクの蕾がいいですね!
知りませんでした (fuyou)
2017-05-13 09:06:58
tangoさま
おはようございます
tangoさまにそんな悲しみがあったとは
かなしいですね
どんなにか

私の旧友にも息子を早く亡くされた方があります 友人は遺骨の一部を遺言通りヒマラヤの麓に散骨に行かれました
どんなに悲しかったことか

生きてさえいてくれればとどんなにか

tangoさまに今日もしあわせが訪れますように
ありがとうございます
芍薬が… (折節)
2017-05-14 23:31:51
fuyouさん、こんばんは。

芍薬のピンク、まるでオールドローズの花の色のようです。
そっと見守る、本当にそうですね。

私はおそらく人生の大半は「おりこうさん」だったような気がします。
ただし10代の頃反抗期とかあまりなかったからか、発散できずに気持ちがうちにこもることもありました。
外に向かって気持ちをぶつけることができないもどかしさに、つらい日々を送ることもありました。
今でこそ硬軟取り揃えた、バランスの取れた気持ちの発露がようやくできるようになったように思います。
単に年を重ねたから…それも大きいのでしょうね。
それにも増して、反抗期って人生の貴重な通過点に思えてなりません。

解る気がします (fuyou)
2017-05-16 18:46:52
折節さま
こんばんは 
お利口な人生を送られた折節さま想像できる気が致します
反抗期が人生の貴重な通過点とおっしゃることも理解できます
きっと我が子もそうだったのでは
何もいつも優等生でなくていいですよね
青春時代 思春期には髪を伸ばしてギターを行儀悪く弾き大声で歌いステレオを大きな音で鳴らし時には女優の半ストリップの写真を部屋に貼るとか
女性からみればそんなのが男性の反抗期のさまかとも思いますが
わが家では一度も経験しませんでした
人生の階段は二段跳びはないのでしたら
反抗期はどう通過するのでしょう
いろいろ想ってしまいます
ありがとうございます

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事