花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

花が咲きそうなのです

2018年12月27日 09時44分00秒 | 日記



いつもお世話になっている方からさや豆の苗を戴いて
裏庭に植えているのです
頼りなさそうに少しずつ大きくなっていますが
気が付くと もうつぼみがついています

困りましたね
来年になって5月ごろが食べ頃かと思いますのに
気の早いこと もう花が咲くのかも
でもそっと観察することにします




桃色夏椿の葉が紅葉しています
風情がいいのです
この花の咲く初夏のころは
春の花も咲き終わって
ほんのりと桃色がかった花びらの夏椿の花には
とてもこころが癒されるのです




以前に体調を崩した主人が
「畑仕事できなくなった」と今年は宣言したのです
だから私はしっかりしなくてはと
少しだけ庭仕事に精をだしました
冬の陽の光は弱そうでも日焼けするのですね
私少しだけ逞しくなったかも

母を亡くして悲しくておろおろしていたころに
ひとりなす術もなく裏庭に出て草取りをしたときに
何だかやさしい雰囲気につつまれているようで
こころが落着いた思いがしたものです
これからも裏庭でお喋りすればいい


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 蠟梅ももうすぐに | トップ | エニシダが咲くころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事