花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

どんなに甘えても

2018年06月13日 10時23分55秒 | 日記

人が成長する段階でどんなに甘えてもいいではないですか
と私はいつも思っています
成長期に精一杯甘えて細やかなたくさんの愛情を与えられることは
むしろ豊かな人間性を育むことに大切なことでは

何ですか 虐待で死なせた5歳の女児にお風呂の掃除もさせて
そんなことが誰のために良かったというのでしょう
悲しい出来ごとはもう聞きたくないもの





夏の花 ルドベキアがもう我が家では絶えたのかと思っていましたのに
丈夫な花です
大丈夫 今年も咲きます




松明草が今朝はもう沢山咲いていました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« こんなことも | トップ | つゆの晴れ間 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
甘える事は (alice)
2018-06-13 11:20:24
心の栄養だと私は思ってます。
大人だって 甘える時があるのですから
子供なら当たり前の事。
あの親の言い分には全く共感を持てません。
どんなに想像してみても
子供に非は全く無いと思いますし
甘えさせてあげる腕も胸も心も無いのなら
自分のこれからの一生も そうやって寂しく生きて行って欲しい。
何処の子供でも。
のびのびと 甘えて安心して
心も身体も健やかに育って欲しいですね…。
子供が犠牲になるお話は もう繰り返さないで欲しい…。

松明草と言うのですね(*˘︶˘*).。.:*♡ 
初めて見ました。
澄んだ紫色が素敵ですね(*^^*)
しっかり甘えるといい (fyou)
2018-06-13 22:29:04
aliceさま
こんばんは
こころの栄養ですよね
ありますよね
大人になっても甘えたいこと
子供のころ親に甘えることでどんなに心が温かくなって落ち着くことが出来たでしょう
絶対の信頼ですよね
そのことが成長とともに優しさを自覚出来て
人にも優しくできるとおもえるのです

aliceさまからはいつも
心のあたたかさ 優しさを頂いています

今咲いている松明草は色が薄いものですが
少し遅れて濃いい赤い色の松明草が咲きます
今年は少し早く咲くようです
明日はフェリーに乗ってお見舞いにでかけます
何時も誰も元気で過ごせることが夢ですが
fuyouさんへ (のびた)
2018-06-14 09:06:23
あの5歳児の 残したメモ 涙なしでは見られません
せめて 親の優しい姿を少しでも味あわせてあげたかったです
天国では もっと優しい父母が抱きしめてくれるでしょう
愛情 (fuyou)
2018-06-15 07:53:48
のびたさま
おはようございます
本当に悲しいですね
人の愛情はどのように心の中で育って行くのでしょう
あの子の両親には愛情は全く育たなかったのですね
ただあの子は可哀そうな日々でしたね
胸がいたみます

そうですね
せめて天国で優しい父母に抱きしめてもらいたいですね
祈るしかないですね

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事