花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

寂しくて

2018年06月03日 09時50分12秒 | お礼

ご近所の方ですが以前にはよく町内のお世話もされていて
毎朝グランドゴルフにも元気に参加されていたのに
もう暫く姿を見掛けていないのです
年老いて いろんな動作が困難になられたようで全く外出されなくなり
直ぐ近くのコンビニへのお買い物にも行かれなくなったようです
その方の奥様も随分以前から家庭内で酸素吸入療法を続けておられて
その酸素吸入のパイプの届く範囲内で行動されているようで
介護支援の車が
停まっているのをよく見かけます

寂しく感じるのです
ご近所のあの方の元気な笑顔も笑い声も聞けなくなってもう久しくなります
年老いても元気でお過ごしならば
どんなにか幸せであろうと思いますのに
それでなくてもこれから梅雨の時季を迎えると
誰だって こころは晴れませんのに




山茱萸の実が少し大きくなりました
これから真っ赤に色ついて可愛くなります
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 言いたいことは明日言え | トップ | 風鈴草が咲き始めました »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
fuyouさんへ (のびた)
2018-06-05 10:46:35
親しい方が次々とあの世へ逝かれたり 病気や介護で姿が見えなくなること 寂しいですね
人の宿命 明日はどうなるか誰も予測が付きません
それだからこそ 一日一日を大事に生きる これが歳を重ねてきたら良く分かるようになりました
私の兄弟でさえ8人居たのに 今は兄と二人だけ うたごえやボランティアでも見かける方も減ってきます
それでも明るく生きて 自分も周りも元気になれると信じています
笑顔を忘れずに生きましょう
そうそうそう (fuyou)
2018-06-05 11:29:48
のびたさま
おはようございます
そうなんですね
笑顔忘れないで生きていたいのです
明るい気持で生きていたいですね
こどものころ若い頃”人生”なんて言葉いえませんでしたが
そして死ぬこともあるかもしれないが
死なないかも知れないと思っていました
かわの流れが低きに流れるように
かならず流れていくもの
死を迎えるものと
思うようになるまでは
愚かな私は随分かかりましたよ

よく生きていましょう
ありがとうございます
そうそうそう (fuyou)
2018-06-05 11:37:18
のびたさま
おはようございます
笑顔を忘れずいきていたいです
明るく生きて行きましょう
子供の頃 若い頃”人生”なんてことば言えませんでした
人は死ぬかもしれないし
死なないかもしれないと思ったものです
川の水が低きに流れるように人は必ず死ぬものだと解るまで私 随分かかりました

よりよく生きていたいものです
ありがとうございます

コメントを投稿

お礼」カテゴリの最新記事