花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

トラトラトラの日

2018年11月14日 08時42分27秒 | 日記

今朝のテレビでは「父親が嫌になったとき」というテーマで放送されていました
私には無理です 
父親を嫌いになるなんてこと
父親は戦死してしまいましたので
子供心に父親を忘れまいとして決して年取ることのない父親の写真を
脳裡に焼き付けたくてみつめていたものです
私の兄だってきっとそうでしょう
父は出征前の限られた時間に小学一年生の兄をつれて
近くの山にどんぐり拾いに行ったり
父親が通いなれた柔道の道場に連れて行ったり父親として幼い子への
思い出つくりをしたのです
そして諭したのでしょう
「どんなことがあっても母親と妹を守るのは君だ!」と
だから父親出征後に暫くの間 兄は木刀を枕元に置いて寝ていました
そんな体験を持つ私共にとっては
死ぬまで”父親は好き”なのです

そういえばもう”トラトラトラ“の日が近着いてきましたね





我が家のくちなしは実が成らない種類とおもっていますが
今年は何なんでしょう
実らしくなっているのです それがいくつもいくつも


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 静かに | トップ | どうしたのかしら »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
髭じょりじょり (越後美人)
2018-11-14 09:17:51
私も見ましたよ。
娘が父親を嫌いになる項目の中で、髭がじょりじょりして嫌だ、
というのがありましたが、私の場合はそれに一番父の愛情を感じています。
幼い頃に父が私に頬ずりをする時に、じょりじょりして痛かったのですが、
父に愛されていることが伝わって来ました。

やはりこれも、普段の父娘の関係が良くないと、そんな風には感じられないのでしょうね。
fuyouさんのお父様は、お兄様に男としての心構えを諭して行かれたんですね。
そんなところにお父様の、娘であるfuyouさんへの愛情が込められていますね。
いつまでも敬愛されるお父様ですね。
父親をこう思えるのは娘として幸せですよね(^_-)-☆
Unknown (fuyou)
2018-11-14 20:55:03
越後美人さま

こんばんは
越後美人さまはお父様とのいろんな体験を通して父親への愛をより確かなものに感じておとなに育っていかれていますね
父親との接触がなくて恋しく思った私には父親を嫌いになる感情は湧かないものなのですね
戦争も人間の感情を大きく変えていくものですね
いま平和な時代みなが幸せにそして親子の愛も育みたいものです

12月8日開戦の日もうすぐですね
いつもありがとうございます
fuyouさんへ (のびた)
2018-11-15 03:45:01
私もこのテレビ見ました
自分の父親へは そんなに尊敬も無いが普通です(笑)
娘たちには良い父親では無かったような気がしますが
何くれとなく気遣って貰えるのが嬉しいです
父親が戦死 むごいことですね
私の叔父は 硫黄島で戦死でした
父母は一切 おじの話をしませんでした
身内の戦死を哀しむことは当時は出来なかった時代でしたね
お母さまが 一人残って家族を育ててくれた愛情と音が生きています
Unknown (fuyou)
2018-11-15 08:12:17
のびたさま

おはようございます
若い夫婦が別れて暮らさなければならない
そんなことが異常に思えなくなる
戦争は否応なく人をかえますね
いまは平和でだれもが幸せに暮らすことができる世の中です
精一杯親子の愛情を大切に生きていたいものです

のびたさま孫娘さまの結婚式おめでとうございます
そして大好きなグランドピアノではなむけの曲
演奏なのですね
夢のようです
きっと新しい生活の一歩に何よりのお励ましになることとお喜びもうしあげます

今日も佳き日でありますように

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事