がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

【祝】修復完了勝連グスクと阿麻和利講座

2010年09月11日 | ・琉球史散策/第一尚氏

琉球王国のグスク及び関連遺産郡、
世界遺産登録10周年記念リレー講座!

4回目の今日は上里隆史さんによる
阿麻和利について!

…会場に向かう、その前に勝連グスクに寄りました。
天気も良かったので、もともと寄るつもりだったのです。

そしたら、まぁ!



地震によって一部崩壊した城壁が
すっかり元通り!!
(前回、草が刈られて赤茶けてた斜面も緑のじゅうたんに

修復作業開始から約1ヶ月?
思ったよりも早い!!
前回のレポートはこっち

しかも、色を塗ったのか、
もともとの石を表面に使っているのか、
見た目も全然変わらないことに驚きました!



もう少し近くで見てみましょうか。

空へと続く階段を登って、
振り返る。



まるで何事もなかったかのようです。

すばらしい

肝高の阿麻和利グスク公演もばっちりですね!!



さて、では今日の勝連グスクの写真と共に、
今日のリレー講座について。

「琉球戦国列伝~阿麻和利の章・天下を獲れた男~」



講座は古琉球の時代についてのおさらいもありつつ、
(ハチマチや正装について新画像資料に目からウロコ)
「阿麻和利がスゴイ」と言われる根拠について
詳しく学ぶことができました。

有名な「おもろさうし」はもちろん、
勝連グスクの作りや、出土品などを、
周りのグスクや按司たちと比べると
やっぱり王都首里や、前王都浦添に匹敵するものがゴロゴロあって。

なるほど、なるほど
歴史家さんってこうやって歴史をよんでいくんだな~
って面白かったです。



特に目からウロコだったのが、
おもろさうしの性格について。

琉球の古謡集「おもろさうし」には
阿麻和利や勝連を讃える唄がたくさんあって、
よって阿麻和利英雄説が言われているわけですが、

おもろさうしの唱は、いわゆる神唱であって、
主観的に願望や予祝などを唱っている、と。

だから、実際に起きたできごとや状況を謡っている
というのとは少し違う、と。

な~るほど~!

昨日の記事「歴史上の人物の二面性、英雄像と反英雄像」で書いた『護佐丸伝』に、
おもろさうしだけでは阿麻和利像ははかれない
って阿麻和利英雄説に疑問を呈していたのはこういうことか!



で、おもろさうしもそうだけど、
瓦とか金工芸とか鉄とか、
勝連と首里との共通点というか、繋がりも見え隠れして
やっぱり「むむむっ?」って考えさせられました~。

百十踏揚との婚姻はどんな意味があったのか、
どんな影響を及ぼしたのか、興味深いところです…。

今日の講座は阿麻和利個人や勝連についてで、
「護佐丸・阿麻和利の乱」についてではなかったので
この乱の真相についてはやはり謎のままです。



それから、このブログでも上里さんから予告コメントいただいてましたが
三つ巴の新情報も聞けました!


でも、その結果、



ってなりました。

ますます謎が深まった感じ…。

古琉球時代の山田按司の木棺にあったってことは
瓦に見る三つ巴(水紋を意味するか?)とは
まったく違った性格ってことになる?
(それか、三つ巴そのものに魔よけとかそういう類の意味をおいていたとか?)

今帰仁の百按司墓の三つ巴と
同じ性格なのか、違うのか…。
(三つ巴は按司の称号紋だった!っていう仮説はいかが?…そしたらもっとたくさん出てくるはずか…)

とりあえず、
左三つ巴を尚家の家紋として確立させる前に
既にどこかしらで使われていたのは確かですね。

三つ巴の謎については
ぼちぼちいくしかないですね…。


講座後、色々聞こうと思ってたけど、
なんかまとまらなくてあまり質問できませんでした

2週間後の「護佐丸・阿麻和利ツアー」までに
しっかり「護佐丸伝」読んで勉強しておこうっと。



そうそう。
今日の講座には肝高の阿麻和利メンバーも多く参加してました!

あまわり浪漫の会BLOGで予告もあったんで
もしかして?って思ってたら、さすがです。

しっかり学んでしっかり舞台に生かしてくれるでしょう



 にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ 
記事や写真がお気に召しましたらぽちっと応援お願いします♪


琉球史跡関連記事は同ブログ、『テンペストを読ム』『百十踏揚を読ム』『薩摩侵攻史跡巡り』カテゴリにも多数ございます。


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 琉球戦国時代認知(人気)投票! | トップ | 古琉球の偉人を描いてみる16 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ええぇぇーー……! (greenbee)
2010-09-15 13:49:16
どこが崩れてたのかわからんくなってる!!(◎o◎;;

おそるべし! 現代技術!(?)
いや、復旧作業に関わった技術者、職人の力量!(?)

すごいなー~~ びっくりですね!

これで、グスク公演の準備は整ったということかな。
greenbeeさんへ (和々)
2010-09-15 20:33:30
ワタシもびっくりしました~!
予想より早いのと、完全復元に!
ちょっとテンション上がりました(笑)

地震があって一部崩れたとか、誰もわからないでしょうね。

とにかく、良かったです♪