がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

高嶺中学校と他魯毎

2019年09月15日 | ・琉球史散策/グスク時代

 

先月、南山グスクを訪れた時に
グスク前(道沿い)に掲げられていた横幕。

 

 

南山城跡を国指定文化財に!

 

 

おおっ

 

 

ここ糸満市指定史跡「南山城跡」は
現在国指定に向けて調査が進められています。

 

 

糸満市も結構力を入れている(入れる計画?)と聞きました。

うんうん、頑張ってほしい

南山に光を!!

 

 

南山王(他魯毎)の子孫にあたる高嶺中学校の生徒達が、
毎朝南山城跡の周りの清掃をしております。

 

 

高嶺中学校の生徒=他魯毎の子孫!!!

 

これはまた大きく出たな(笑)

 

でもこう表現してるってことは、
少なくとも高嶺中学校の生徒達には
他魯毎が郷土の誇るべき王様像
になっているってことだよね?

そういう教育、アプローチをしている…
ってことだよね?

 

やっぱりね、
まずは地域の人が地域の偉人を愛さなきゃ!

 

他魯毎は反面教師、
という存在でしかないなんて
悲しすぎるもん。

 

高嶺小中学校で
どんなふうに他魯毎や南山を教えているのか、
興味ある~♪

もちろん、

「他魯毎」の
読み方も漢字もちゃんと理解して……

 

 

って、

ここは間違えたらいけないやつ!!!


 

 


 

*特別講座開催のお知らせ*

ボーダーインク×桜坂劇場(桜坂市民大学)特別講座 (10/2 和々)


この記事についてブログを書く
« 三山統一、南山は最後?最初? | トップ | 知念グスクのクーグスク »