がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

北山の風’18

2018年10月19日 | ・現代版組踊レポ

 

北山の風~今帰仁城風雲録~

2018年10月13日(土)

今帰仁城跡野外特設ステージ

 

去年度の卒業公演(3月)は行けなかったので
ちょうど1年ぶりの北山の風でした。

公演の数日前から沖縄も急に寒くなり
お天気も不安定に…。

寒さと風と雨が心配されましたが
当日は寒さも風も天気も落ち着き
無事にグスク野外公演を楽しむことができました。

 

 

去年度、高校3年生ががっつり抜けて、
人数は減ったかな?

でも攀安知や本部、紀秀先生等
メインキャストは高校生男子。

しかもみんなええ声!

頼もしいですね☆

本部に裏切られた攀安知は、
高笑い、からの、キッとした怒号。

い~ね~
(漫画的なコマカットが浮かびしました)

衣装も前回の卒業公演からリニューアルしてて
ワイルドでグーでした。

 

 

前回お目見えできなかった「ヤギ」を
今回は見ることができました( ˘ω˘ )♪

うしー、うまー、やぎの門番トリオは小学生。

すーで「本部牛」つっこんできましたね(笑)
これからの成長が楽しみです。
がんばれー( ^0^)★

 

 

千代松は今回はお一人。

前みたいに、少年期と元服時の二人キャストで
くるっとチェンジ(詳しくは「琉球戦国キャラクター図鑑の北山の風レポ」に)
なかったです。

2人キャストがいて初めて成り立つから
これはメンバーに余裕がないとできないですね(^^;)ショウガナイ

 

 

再登場を望んでいた千代松の扇子は
卒業公演の時には「活きていた」と聞いていましたが。

なるほど、前に出すぎず、さりげなく、ですね。

そういえば扇子をもらった時に
「宝物にするね!」っていう千代松のセリフもなかったような?

扇子の印象を少し押さえてきたかな?という印象。

扇子がもとで本部が千代松の正体を知る、ということではなくて
本部の死後、謝名と千代松が亡骸に手を合わせた時に
千代松が密かに懐にある扇子を握りしめる…という感じでした。

これはこれで、千代松の語らない静かな決意が読み取れていいですね☆
(本部死後の千代松の語りはなくなってますねー)

 

 

今回の公演はOB・OGもたくさんアンサンブルで助っ人参加してました。

メンバー紹介の時に「体力の限界に挑戦!」って…(笑)

20代始め~半ばならまだまだ若いでしょー!(笑)
このセリフ言っていいのはアラサーからよ。
ふふふ…まだまだイケますよ応援してます。

 

 

今回、照明が印象的でした。
ちょっと機材変わった?
それとも私の観劇位置や気候などで
違って見えただけなのかな?

点滅具合とか逆光とか、ぼわっとしたゆらぎのある感じとか。
野外公演は設備上どうしても制限がでてしまうのですが
ホール公演のような充実した照明演出に感じました。

 

 

 

今回も物販コーナーのお手伝いをさせてもらいました。

北山てぃーだの会のみなさま、大変お世話になりました!
いつもありがとうございます!
(保護者の方々とのゆんたくも楽しい♪)

 

物販コーナーにいて、
様々なお客さんの反応・声を聴く限り…

 

やはり、CD化の要望はあつく。

 

CDはありませんか?っていう声の多かったこと!

だーよーねーーー。

北山の風ONLYが難しければ、
まだCD化していない舞台をまとめて(MOMOTOとか)
現代版組踊オムニバス的なCDにするってゆーのはどう!?

もしくはもう、ダウンロード形式でも!

 

毎度おなじみですが、

 

CD化求む!

 

ということで〆

『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 乗馬の習作 | トップ | 読谷村史跡MAP »
最近の画像もっと見る