まらわ~く

- マラウイを知るための300章ぐらい -

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビルハルツ住血吸虫(ジュウケツキュウチュウ)

2005-07-07 20:28:16 | 10. 病気
マラウイ国土の5分の1を占める湖。
琵琶湖の46倍でアフリカで3本の指に入る大きさ。

波があって海のようです。
有名なダイビングスポットもあります。

ただし、マラウイ湖には住血吸虫(ビルハルツ)という
葉状の寄生虫が浮いています。

住血吸虫は一旦は巻き貝の体内で増殖します。
それが水中に放出されて自由に泳ぎ回ってるため、
人が湖に入ると皮膚に付着し皮膚内に入ってきます。

その後、血流を通って肺に到達し成虫となり、
血流に戻り最終的に膀胱に宿ります。

たとえ、湖に入らなくても湖付近のホテルのシャワーを
浴びるだけで感染することもあります。

ただし、感染しても駆虫薬(プラジカンテル1錠で150MK)
を数週間後(3週間後?)に飲めば駆除できるそうです。
詳しいことは医療隊員に聞いてみてください。

巻き貝がいない場所では住血吸虫もいないと思いますが、
隊員がマラウイ湖に入るのは禁止されています。

住血吸虫の詳細はこちらを↓
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch196/ch196j.html
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/mzool.dir/schisto1.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« チェワ語1 | トップ | 超マラウイ人3 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1980年代までは泳いでいたんですよ (Mangochi)
2005-07-15 20:52:16
1980年代後半にMangochiで助産婦していました。

マラウィ湖にはよく泳ぎに行きました。

Club MakokolaやNkopola Lodge葉、仕事に疲れて、別世界に浸るのには最高でした。

Chamboも毎日食べて、本当に湖にはお世話になったのに、もう泳げないのですね。とても残念です。
  (わくちん)
2005-07-18 15:38:14
書き込みありがとうございます。

そうなんですね、そのころに比べると治安もかなり

悪くなってるみたいです。

Lilongweのネイチャーサンクチュアリは昼間でも

歩けないです。

Chamboはたまに食べてますよ。

でも魚食べる機会ってだいぶ減ったなぁって思います。
住血吸虫入りました。(自慢にならん) (るな)
2005-11-04 09:43:30
マラウイ湖国立公園に住んでました。



マラウイ湖、よっぽどきれいです。

上司もカウンターパートも皆、

潜るのが仕事だったので、

なしくずし強制的にCカードを取らされ、

アシスタントをさせられ…いや、してました。



住血吸虫自体は、身体がだるいとか、

便が緑色になるとか、

その程度のことなんですが、

かかったまま放置すると、

体力や抵抗力が落ちて、

マラリアにかかりやすくなるので、

面倒でも、こまめにプラジカンテル

(吸虫用駆虫薬)すればよかったと思いました。



ちなみにマラリアは、2年間で3回かかりました。(すべて熱帯熱っす)
  (わくちん)
2005-11-07 17:55:37
マラリア3回とか緑色とか、すごいですね。

私はどっちかというと控えめに遊んでいます。

キリマンジャロはもちろん、ムランジェすら

ためらっている状態です(笑)



でも近いうちにザンビア旅行計画があるので

久々にマラウイと違った空気が吸えるぞって

楽しみにしてます。

陸路と空路迷ってるですが、空路にしようかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

10. 病気」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事