東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

【東京】1月から操業停止の世田谷清掃工場 再稼働できず費用増、きょう検討委員会初会合

2015年09月29日 08時07分56秒 | 東京23区のごみ

東京新聞の「1月から操業停止の世田谷清掃工場 再稼働できず費用増」、
ちょっとヘンな内容になっている、ミスプリなのかどうか?
「炉内部のダイオキシン類濃度が高くなるため」ではなく、、、
炉 内部のダイオキシン類濃度は高くなっても、それらはバグフィルターなどでとれればいいので、そうではなく、どうも、炉内部のダイオキシン類が炉から漏れ出 しているらしく、炉室内(焼却炉付近や砂分級装置室)のダイオキシン類濃度が作業環境基準のレベルⅡ~レベルⅢになってしまうので、炉を停止しているとい うことだとおもう。

■【東京】1月から操業停止の世田谷清掃工場 再稼働できず費用増
ダイオキシン類濃度が上昇 きょう検討委初会合
東京新聞 2015年9月29日
  東京二十三区清掃一部事務組合の管理する世田谷清掃工場(世田谷区大蔵1)が、今年1月から操業を停止している。ごみを燃やす炉の不具合により、稼働する と炉内部のダイオキシン類濃度が高くなるためだ。この工場にごみを持ち込む世田谷区は、他工場でごみを処理しなければならず、運搬費用がかさんでいる。一 部事務組合は、対策を講じるための検討委員会を設置。29日に初会合を開く。 

 
この間の状況は、↓↓ 東京二十三区清掃一部事務組合HPで公表されている。


世田谷清掃工場概要
(23区唯一のガス化溶融炉)
所在地 : 東京都世田谷区大蔵一丁目1番1号
工期 着工平成16年7月
    しゅん工平成20年3月
敷地面積約30,000平方メートル
建設費166億8千5百万円
ごみ焼却炉 
炉型式 : 連続運転式ガス化溶融炉(流動床式) ← 川崎重工
設計最高発熱量12,100KJ/kg
規模(炉基数)300トン/日(150トン×2)
焼却能力300トン/日
灰溶融炉 ← 平成26年度末で休止
炉型式プラズマ式(電気式)

規模(炉基数) 120トン/日(60トン×2)
余熱利用 発電出力6,750kW
             給熱蒸気 世田谷美術館

 

関連(本ブログ)
23区清掃一組、世田谷清掃工場(流動床ガス化溶融炉)の現状と今後の対応について 2015年09月18日


 

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | ドイツ 海洋におけるマイク... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事