東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

バイオ燃料:回収した食用油の廃油で自家精製 来月から、練馬区が23区初 /東京

2011年10月01日 22時01分50秒 | 東京23区のごみ

■バイオ燃料:回収した食用油の廃油で自家精製 来月から、練馬区が23区初 /東京
毎日新聞 - ‎2011年9月28日‎
http://mainichi.jp/life/ecology/area/news/20110929ddlk13040237000c.html

練馬区ホームページ
■資源・ごみの分け方と出し方 使用済み食用油
回収日時
練馬・光が丘地区(〒176と179の地域)は第3土曜日
石神井・大泉・関町地区(〒177と〒178の地域)は第2土曜日
資源循環センターは毎週日曜日
※いずれの回収日も午前9時から正午までの回収(雨天・祝日でも回収します)
詳細は:http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/wakekata/abura.html

廃食用油の回収は、平成22年度で23区のうち11区が資源回収としての実績がある。今回の練馬区、バイオ燃料を自家精製する機械を導入して~ ということで23区初。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第1回「PCB廃棄物適正処... | トップ | 次の記事へ »

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事