東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

西日本豪雨 高梁地域事務組合クリーンセンターなど、6日夜、高梁川の水があふれて浸水し各施設が機能停止(復旧まで3、4カ月)

2018年07月27日 08時24分50秒 | 災害廃棄物など

西日本豪雨被害、高梁川沿いに立地する高梁地域事務組合のごみ、し尿処理施設・クリーンセンターと、市斎場が浸水被害を受けて使えなくなっているという。山陽新聞「高梁のごみ処理施設や斎場が被災 豪雨で浸水、近隣市町施設で対応」によると、9日から近隣市町の施設で対応、復旧までいずれも3、4カ月。被害額はクリーンセンターが8億528万円、斎場が8316万円の見込み。

廃棄物処理施設も、地震対策などはいろいろ対応して建設されているのだろうが、、、河川の氾濫などにはひとたまりもないか、、廃棄物処理施設に限らずではあるが、

※お知らせ※
 7月5日からの豪雨災害により現在、可燃ごみ、不燃ごみ、し尿の処理ができない状況となっております。
 可燃ごみ、不燃ごみの自己搬入の受け入れもできません。
 なお、資源ごみについては、通常通りリサイクルプラザで受け入れを行っております。
 大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


   
〔所在地:高梁市段町748〕

【施 設】
整備状況

○処理能力 56t/日(16h) (28t/16h×2炉)
○処理方式 准連続燃焼式(※7)

 

  受入供給設備 ピット&クレーン方式
  燃焼設備 ストーカ炉(※8)
  燃焼ガス冷却設備 水噴射方式
  排ガス処理設備 乾式有毒ガス除去設備+バグフィルター方式
  給水設備 井水+上水給水方式
  排水処理設備 クローズドシステム(場内循環)
  余熱利用設備 場内の給湯、暖房及び白煙防止用に利用
  通風設備 平衝通風方式
  灰出設備 灰バンカ方式 (ダストは、キレート+セメント固化処理)

 

○建   設 平成8年6月~平成11年2月(新設)
○建 設 費 2,479,965千円(管理棟含む)
財源内訳 国庫補助金 349,050千円
  地 方 債 1,962,900千円
  一般財源 168,015千円

                        【運 営】
 ○運転管理   民間業者に委託(14名)
            週5日(月~金)連続運転


コメント   この記事についてブログを書く
« 東京都 下水処理における汚泥... | トップ | 【注意】フィッシング詐欺な... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

災害廃棄物など」カテゴリの最新記事