東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

アスベスト:光が丘清掃工場検出 環境に影響なし /東京

2012年07月27日 11時36分25秒 | 東京23区のごみ

■アスベスト:光が丘清掃工場検出 環境に影響なし /東京
‎毎日新聞 - 2012/07/27
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20120727ddlk13040248000c.html


「環境に影響なし」とはいっても~
世田谷も災害廃棄物受入中にアスベストの検出
1号炉:平成24年6月18日 0.64本/LN
2号炉:平成24年6月20日 0.13本/LN

女川の災害廃棄物、3月から受入開始して、
常に、受入中の工場で毎日欠かさずアスベスト検査をしているわけでもないし、
ランダムに検査をして、世田谷と光が丘で検出、
しっかりと原因の究明と対策は必要なのではないか。

それとも、その程度は、おりこみ済みの受入リスクで、
全く問題なしで片を付けるのか?
放射能でもアスベストでも、ただちに影響はありません、この程度であれば環境に影響はありません、そういわれると、よくわからないだけに、よけいに疑心暗鬼となってしまう~

それにしても、女川に限らず、岩手、宮城、福島の震災・津波の被災地、
そして九州地方の大雨被害も、台風であれなんであれ、自然災害の脅威、
東京で、0.数本/LNのアスベストであれこれ心配しているが、
環境省でも調査はしているようだが、現地での、解体作業や破砕処理、そして手選別など、かなりのアスベストの環境影響、健康被害も起こるのではないかと、今さらながらに暗澹たる思い~ 被災地の住民、現地で作業する人々の健康被害がおこらないことを願っている。そして、広域処理分も、過信することなく安全対策を願う。
アスベストに限らず、PCBなど化学物質も、人類が生み出した負の遺産、、



環境省、被災地でも、「集じん・排気装置の吸引能力不足あるいは集じん・排気装置の不具合が原因と推定されるアスベストの飛散事例が2件」と公表
こちらは、焼却施設ではなく、アスベスト除去現場で飛散防止のための集じん装置のようだが

関連(本ブログ)
■被災地アスベストモニタリング 集じん・排気装置の不具合が原因と推定される飛散事例が2件確認(2012年07月24日)

参考 少し古いけど↓↓
環境省「平成17年度アスベスト含有廃棄物の処理技術調査報告書(平成18年3月)
一般廃棄物処理施設(破砕施設、焼却施設、収集車)及び産業廃棄物処理施設(溶融施設、破砕施設)を選定し、アスベスト含有廃棄物を混入させたときと混入させないときの処理状況を把握して現行処理方法の検証を行う。
-溶融が不十分であった場合、生成物や排ガス処理設備等から排出される-とある。
焼却時は、バグフィルタで99.2%以上、99.1%以上の捕集性能など
まだながし読みしかしていないが~

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アスベスト (ハテナハテナ)
2012-07-28 23:07:33
ろ過式集塵機のバグフィルターでは、アスベストが補修出来ないのですよ!
セシウム等の放射性物質は塵などに付着?するのでバグで取れますが、アスベストのような繊維質は、たぶんバグの網穴を通り抜けるようですね。
   聞きかじりですけど~~
一組意見交換会より (ともとも)
2012-07-31 20:15:10
今日はいろいろご教示いただきありがとうございました。

バグフィルターのアスベストの捕集性能については今回の件で一組でも問題意識が生まれたようです。

今後災害廃棄物を受け入れる際にはバグの入口と出口、
煙突の三箇所で測定を行うと言ってました。
また、一般の廃棄物の焼却についても各清掃工場で9月以降6ヶ月に一度アスベストの測定を行うことになりそうだとのこと・・・



それはよかった!! (wa)
2012-07-31 20:20:29
ありがとうございます。
お疲れさまでした。
Unknown (千葉都民)
2012-09-10 23:03:53
飛散させるな。HEPAフィルタを付けろ。陰圧構造にしろ。焼却灰はガレキを発生させた地域か東電が引き取れ。話はそれからだ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事