東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

中野区廃棄物減量等推進審議会答申(家庭ごみの回収有料化へ?)

2008年08月22日 15時38分07秒 | 東京23区のごみ

中野区ホームページから
■第3期 中野区廃棄物減量等推進審議会
第3期中野区廃棄物減量等推進審議会は、以下のとおり平成19(2007)年1月30日に区長から諮問を受けた内容について1年半余りにわたり審議を重ね、平成20(2008)年8月5日に答申を提出しました。

■諮問事項
■答申 「家庭ごみ」と「事業系ごみ」の発生抑制と減量化、資源の再利用をすすめるための具体的なしくみの考え方について

●第3期中野区廃棄物減量等推進審議会 会長 山谷修作氏(東洋大学経済学部教授)

●年度末には答申案がまとまったと思っていたが、区民意見等を経て8月の答申提出ということのようだ。江東区の環境審議会でも山谷氏は委員である。今は専門委員会で容リプラの資源化についてだが~ こればかりはすんなり23区横並びにはいかないだろう。

●中野区は「開始時期は未定だが、なるべく早く」で、杉並区は「2010年度実施を視野に」か~ 各区の「一般廃棄物処理基本計画」改訂時に具体的に盛り込んだ区は他にもあるかもしれない。江東区の場合もやはり今後の検討課題とした。その場合は、新たに検討会で十分な時間をかけて審議するようになるだろうということではあったが~
有料化の賛否は様々なので、各区は、検討会で先走りするのではなく、区民意見を十分に議論させる場を作ることが先ずは必要だと思う。ごみ問題にあまり関心のない人も「ごみ有料化」となると自分の問題としてとらえるだろうから~

コメント   この記事についてブログを書く
« 23区溶融スラグ 生産量と利... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事