東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

環境省 東京港におけるヒアリの確認について

2019年06月19日 09時06分42秒 | その他

◯今回確認されたヒアリ

 

ヒアリの国内初確認は2017年06月14日の大阪、
そして、大阪港、名古屋l港、神戸港、東京港と続き、
14都道府県、計39事例となっている、、

外国からの荷物に付着進入から、
いまに、、国内でも住み着くのではないだろうか?

大きな地震は起きるし、ヒアリどころではないけれど、、
新潟で震度6強 計21人けが

 

環境省 令和元年6月18日

東京港におけるヒアリの確認について

 令和元年6月14日(金)に、東京港青海ふ頭(東京都江東区)で発見されたアリについて、専門家による同定の結果、6月18日(火)に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。
 当該ヒアリは、同ふ頭内で作業中の港湾関係者が地面に落ちていた藁に付着している状態で発見したものです。
 確認された個体については、すでに全て殺虫処理し、確認地点周辺では殺虫餌(ベイト剤)等を設置しています。
 平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和元年6月18日(火)現在で14都道府県、計39事例です。今年度に入ってからは初確認となります。(略)

 

ヒアリは、南米原産で体長は2.5~6㎜程度、体色は主に赤茶色のアリです。
世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・定着

人間や生態系への被害は、
米国では年間100名以上が死亡、ペットや家畜への死傷被害も多数という、、
※ヒアリは強い毒を持つため、生きた個体を素手で触らないようにしてください。
(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

環境省「ヒアリ参考資料」より

 

関連(本ブログ)
東京でもヒアリ発見 東京港大井ふ頭のコンテナ内(中国広東省仏山市の三山港からの貨物船)2017年07月07日
環境省 ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について2017年06月14日

 

{PDF]ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版) - 環境省







コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 墨田区横網の病院工事現場か... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無しの産廃担当)
2019-06-19 12:00:53
アカヤマアリとかヒメアリとか、そっくりなんですよね。捕まえて固定して比較すればヒアリと違うと分かるのですが、比較対象のないぱっと見では判断難しいです。ヒメアリについては大きさが格段に小さいので違うと判断できますけど、大きさを知ってないと無理ですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事