東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

23区 清掃工場の放射能等測定結果の推移 (2011年6月~2015年9月)

2015年09月25日 21時10分06秒 | 東京23区のごみ

☆江戸川清掃工場の飛灰セシウム濃度の推移(2011年6月~)


江戸川清掃工場、今回の測定結果は飛灰セシウム合計1,003Bq/Kg(前回は924Bq/Kg)
春から夏の上昇傾向から少し落ち浮き、しかし、まだまだ上がったり、下がったりの繰り返し、
グラフ作成ももう止めようと思っていたが、、、もうすこし続けよう~

2014年10月から大田清掃工場(新工場)の放射能測定結果もあり、
大田清掃工場第一工場は2014年4月6日で運転停止(焼却炉は休止扱い、京浜島不燃ごみ処理センターの排水処理は継続)。

グラフの大田工場は、2014年10月から新工場の値で作成


東京二十三区清掃一部事務組合ホームページより
焼却灰等の放射能濃度測定結果(8月31日~9月8日採取分)(PDF:139KB)

測定機関 株式会社 むさしの計測
測定方法 放射能濃度等測定方法ガイドライン(環境省)
廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル(国立環境研究所)
使用測定器 ORTEC社製 ゲルマニウム半導体検出器 GEM25-70


●主灰の放射能濃度測定結果(主灰又は流動床不燃物)《放射性セシウム》
【2015年4月~】

今年度、セメント原料化を予定している清掃工場
中央、港、品川、大田、千歳、新江東、有明の主灰のセシウム濃度推移

ほぼ不検出が続いている有明清掃工場は、事業系の持込ごみのみ搬入工場
(家庭系ごみは、管路収集分(全体の4%)で、ごく一部あり)


●飛灰の放射能濃度測定結果《放射性セシウム》
【2015年4月~】


長らくお休みしている世田谷清掃工場、
7月は飛灰等の測定結果があったので、これで順調に稼働となるかと思えば、、、
今回の8月測定結果はでていない~ 
計画では中間点検の時期ではあるが、、、
点検しっぱなしで、、、いまさら中間点検もないだろうが、、


●飛灰処理汚泥の放射能濃度測定結果《放射性セシウム》

【2015年4月~】



今回も、溶融飛灰や溶融スラグの測定結果はなし
定期点検中などでの稼働なしなのか?
板橋 灰溶融炉は、7月~9月が定期点検補修工事の予定となっているが、、、
今年度に入って、溶融飛灰や溶融スラグの測定結果は一度もない。
これまで、ほぼ故障による休炉のない工場だが、何かトラブルでもあったのだろうか、、、
清掃一組の「灰溶融処理休止計画」で、板橋は今年度末で休止となり、平成28年度以降は多摩川と葛飾のみの稼働となる


●溶融飛灰放射能濃度測定結果《放射性セシウム》

【2015年4月~】


●溶融飛灰処理汚泥の放射能濃度測定結果《放射性セシウム》

【2015年4月~】


●溶融スラグ 放射性セシウム合計
測定なし

そのほかの測定結果
放流水の放射能濃度測定結果(9月1日~9月8日採取分)(PDF:92KB)
排ガスの放射能濃度測定結果(8月19日~9月2日採取分)(PDF:123KB)
空間放射線量率測定結果(8月31日~9月11日)(PDF:132KB)

空間放射線量率測定結果(指定廃棄物一時保管場所)について
空間放射線量率測定結果(9月2日~9月10日)(PDF:174KB)



2011年6月~2015年3月までの測定結果


●主灰の放射能濃度測定結果(主灰又は流動床不燃物)《放射性セシウム》
【2011年6月~2013年3月】



【2013年4月~2015年3月】
板橋の10月に異常値、11月は23Bq/Kgになる。

※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 流動床式焼却炉であり、主灰が発生しない施設であるため、測定結果には流動床不燃物  の測定値を記載しています。
※3 主灰が発生しない溶融処理施設であるため、測定していません。
※4 工場閉鎖に伴い焼却を停止したため、測定していません。
※5 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。



●飛灰の放射能濃度測定結果《放射性ヨウ素131》
【ヨウ素は2011年6月~2014年3月で測定終了】







【2013年4月~2015年3月】

※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 飛灰が発生しない溶融処理施設であるため、測定していません。
※3 工場閉鎖に伴い焼却を停止したため、測定していません。
※4 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。



●飛灰処理汚泥の放射能濃度測定結果《放射性セシウム》
【2011年6月~2013年3月】



【2013年4月~2015年3月

ize="1">※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 他工場で飛灰の処理を行っているため測定していません。
※3 他工場の飛灰を受入れて薬剤処理したものの値です。
※4 工場閉鎖に伴い焼却を停止したため、測定していません。
※5 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。


●江戸川清掃工場《放射性セシウム》
【2011年6月~2013年3月】



【2013年4月~2015年3月



灰溶融施設の稼働状況
今夏の清掃工場の電力供給(送電)増量について
1 灰溶融炉1炉稼働 期間:平成25年度末まで
2 灰溶融炉全停止 期間:平成25年7月22日(月) ~ 8月9日(金)
詳細はこちらへ~

灰溶融施設(7施設)は、平成28年度以降は2施設(多摩川、葛飾)を残して5施設は休止となる。中防灰溶融施設は平成25年度末で休止となった。
●今後の灰溶融処理の休止について


●溶融飛灰放射能濃度測定結果《放射性セシウム》
【2011年6月~2013年3月】



【2013年4月~2015年3月

※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。

溶融飛灰 放射性セシウム合計
品川清掃工場 3月12日  242 Bq/Kg
多摩川清掃工場 3月14日  132 Bq/Kg
世田谷清掃工場 ※2 
板橋清掃工場 3月11日 363 Bq/Kg
足立清掃工場 ※2
葛飾清掃工場 ※2


●溶融飛灰処理汚泥の放射能濃度測定結果《放射性セシウム》
【2011年6月~2013年3月】



【2013年4月~2015年3月

※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。

●溶融スラグ 放射性セシウム合計
品川清掃工場 3月12日  不検出
多摩川清掃工場 3月14日 不検出
世田谷清掃工場(溶融) ※2
世田谷清掃工場(ガス化) ※2
板橋清掃工場 3月11日  不検出
足立清掃工場 ※2
葛飾清掃工場 ※2
※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 「-」の工場は、定期補修工事等により測定していません。

紛らわしいですね、、、
大田清掃工場第一工場と大田清掃工場(新工場)
大田第一工場は、焼却炉は休止扱い。
京浜島不燃ごみ処理センターの排水処理を継続のため、施設の解体等はないようだ。
新しい工場は、「大田清掃工場(新工場)」が、そのまま新名称になるのだろうか?


●汚水処理汚泥の放射能濃度測定結果 
放射性セシウム合計

中央清掃工場:3月12日 不検出
港清掃工場:3月12日 不検出
北清掃工場:3月17日 不検出
品川清掃工場:3月12日 不検出
目黒清掃工場:3月10日 不検出
大田清掃工場 第一工場:3月9日 17Bq/Kg
大田清掃工場(新工場):3月9日 不検出
多摩川清掃工場:3月16日 不検出
世田谷清掃工場※3
千歳清掃工場:3月13日 不検出
渋谷清掃工場※2
豊島清掃工場※2
板橋清掃工場:3月11日 不検出
光が丘清掃工場:3月11日 不検出
墨田清掃工場:3月17日 不検出
新江東清掃工場:3月13日 不検出
有明清掃工場:3月12日 不検出
足立清掃工場:3月9日 不検出
葛飾清掃工場:3月9日 14Bq/Kg
江戸川清掃工場:3月13日 21Bq/Kg
中防灰溶融施設:3月8日 不検出
破砕ごみ処理施設※2
中防不燃ごみ処理センター:3月9日 27Bq/Kg
※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 汚水処理汚泥を工場内で処理して埋立てを行わないため、測定していません。
※3 「-」の工場は、測定結果が得られていない又は定期補修工事等により測定していません。

参考:【グラフ縦軸を「対数」(Log)表示】















================================================================

放流水の放射能濃度測定結果(3月9日~3月17日採取分)(PDF:92KB)
測定機関 株式会社 むさしの計測
測定方法 放射能濃度等測定方法ガイドライン(環境省)
     廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル(国立環境研究所)
使用測定器 ORTEC社製 ゲルマニウム半導体検出器 GEM25-70

放射性セシウムの合計
中央清掃工場:3月12日 不検出
港清掃工場:3月12日 不検出
北清掃工場:3月17日 不検出
品川清掃工場:3月12日 不検出
目黒清掃工場:3月10日 不検出
大田清掃工場 第一工場:3月9日 不検出
大田清掃工場(新工場):3月9日 不検出
多摩川清掃工場:3月16日 不検出
世田谷清掃工場※2
千歳清掃工場:3月13日 不検出
渋谷清掃工場※2
豊島清掃工場:3月13日 不検出
板橋清掃工場:3月11日 不検出
光が丘清掃工場:3月11日 不検出
墨田清掃工場:3月17日 不検出
新江東清掃工場:3月13日 不検出
有明清掃工場:3月12日 不検出
足立清掃工場:3月9日 不検出
葛飾清掃工場:3月9日 不検出
江戸川清掃工場:3月13日 不検出
中防灰溶融施設:3月9日 不検出
破砕ごみ処理施設:3月9日 不検出
中防不燃ごみ処理センター:3月9日 不検出
※1 「不検出」とは、検出下限値未満を表します。また、( )内は検出下限値を表します。
※2 「-」の工場は、測定結果が得られていない又は定期補修工事等により測定していません。

================================================================

・排ガスの放射能濃度測定結果(3月2日~3月19日採取分)(PDF:135KB)
測定機関 株式会社 むさしの計測
測定方法 放射能濃度等測定方法ガイドライン(環境省)
     廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル(国立環境研究所)
使用測定器 ORTEC社製 ゲルマニウム半導体検出器 GEM25-70

中央、港、北、品川、目黒、多摩川、世田谷、千歳、豊島、板橋、光が丘、墨田、新江東、有明、足立、葛飾、江戸川,破砕ごみで不検出。
他の工場は、測定結果が得られていない又は定期補修工事等により測定していません。
測定箇所ごとの測定値(検出下限値の表記もあり)

================================================================

空間放射線量率測定結果(1月12日~1月23日)(PDF:134KB)

あまりにデータが固まってしまうので、年度ごとにグラフを分けた。
●23区清掃工場 敷地境界空間放射線量率推移(東西南北)






※東西南北地点の他に、灰処理設備から最も離れた地点の測定結果も別途あり


●清掃工場の工場内灰処理設備付近での空間放射線量率測定結果

但し書き
※ 測定値は、当組合工場職員等による測定です。
測定方法:「放射能濃度等測定方法ガイドライン(環境省)」(指示値を5回読み取った平均値)
使用測定器:日立アロカメディカル(株)製 TCS-172B(エネルギー補償型シンチレーション式サーベイメータ)
富士電機(株)製 NHC-7(エネルギー補償型シンチレーション式サーベイメータ) (※2)
※ 測定値は気象条件等により変化します。
※ 敷地境界は地上高さ1m、工場内灰処理設備等は設備から5cmと1mの距離での測定結果です。
※ 次に掲げる項目は、それぞれ両施設を含む敷地境界で測定しているため、測定結果は同じ値となっています。
  1 大田清掃工場第一工場及び大田清掃工場(新工場)
  2 中防灰溶融施設及び破砕ごみ処理施設
※1 灰処理設備から最も離れた地点です。
詳細は~



江戸川、葛飾といつまでも放射線量の値は高い
東京都健康安全研究センターの環境放射線測定結果からグラフを作成してみた~


●江戸川の測定場所は江戸川区 上篠崎(都立篠崎公園)


一日のうちでも最大値と最小値でだいぶん違う、

最新データ
●江戸川


●江東


同じ23区の中でもかなりの違い

●新宿、江東、大田、足立、江戸川(最大値と最小値の平均値

測定場所
新宿 新宿区 百人町(健康安全研究センター)
江東 江東区 青海(産業技術研究センター)
大田 大田区 羽田空港内
足立 足立区 舎人公園(都立舎人公園)
江戸川 江戸川区 上篠崎(都立篠崎公園)


23 区の清掃工場放射能等測定は2011年6月中旬から測定を開始している。福島原発事故直後、2011年3月下旬、4月、5月の放射性セシウムは、そのまま 通常の扱いで埋立処分場に埋め立てられている。下水汚泥焼却灰等の放射能測定結果は2011年5月測定分から公表されている。3月下旬、4月測定結果は一 部のみ公表。

参考
測定方法:放射能濃度等測定方法ガイドライン(環境省)

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 23区 清掃工場の排ガス(煙... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事