東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

低山ハイキング 足利市 大小山(282m)~妙義山(313.6m) 山頂は360度の展望 

2016年11月29日 20時49分17秒 | ハイキング、散策

大小山は山肌に名前が書いてあって、、なんだかかわいそうなのだ!!
足利市のHPによると「大小山(だいしょうやま)の山頂の崖には、シンボルと言える『大小』の文字板が掲げられています。この文字板は、大小山麓の阿夫利神社(あぶりじんじゃ)に祭られている『大天狗』『小天狗』にちなみ、江戸末期の安政2年(1855年)、無病息災を祈願する周辺住民の手により掲げられました。その後、幾度か架け替えられましたが、現在はステンレス製文字板を用いた、一文字7メートル四方、総重量1トン強のものに復元されています。」ということで~

 

今日は、大小山(282m)~妙義山(313.6m) 低山ハイキング
妙義山といっても、群馬県の妙義山ではなく、栃木県足利市の妙義山である~

(周回コース)
阿夫利神社~女坂経由~見晴台~大小山~妙義山~阿夫利神社の約3時間

朝、家を出るときは、どんより曇っていて、どうなることかと思ったが、
なんと、どっぴんかんに晴れてくれて、きっと、みんな日頃の行いがよいのだろう、
いつものメンバーの4名で~

低山ハイキングではあるが、、、
大小山妙義山も、、山頂直下は岩場になっていて、、それなりに楽しかった、、

ハイキングコース入口の阿夫利神社、、ぎんなんのにおいが強烈だった!!

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/49/07/72f8d63204f03987d14b756e516eeb38.jpg

ハイキングコースのはじめ頃、、、なぜだか外灯がしばらくあるのだ、、、
夜間ハイキングでもあるのだろうか?

登りはじめはけっこう急な登りもあったりして、、

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4c/ac/077eea17edf88a04efc2f01572e9ba51.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/18/1d/3a1c5a4ce23b8e013bcd40e5e76aa8a3.jpg

女坂と男坂の分岐点では、、、誰も異を唱えずに、なんとなく女坂の緩いコースに、

大小山の見晴台から~

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/45/e903f7f32f596d2a735f75a654192fa3.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/f9/2117977bcb9f63e62583ad30728def5c.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0d/df/278f05eac7d7f8d7f663b843c002a5dd.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2b/f7/4cfeea5f9ad659a51f1484b37f2b1e33.jpg

山頂直下の岩場が続く、、

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/01/20/b4beb8462bd595f2808ea78a054eaccb.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/e7/efd8c12e8f8351f611985e4886eb1c2c.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/c1/b8b93a04bd1e9c0840d4ed0c0640b968.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/c7/a65405717090b4b4d1906ea7ca5e2323.jpg

大小山(282m)山頂から関東平野を望む~

大小山から妙義山に~
妙義山の直下も岩場になって、、

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/10/371ddaaf23c1cbd466cacea1c62a5d54.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/5b/069d3b9516240b785195ed4eb991bb09.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/06/d4/c5554436ebff09a76cf19e10aa1d4d49.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/31/df/1da99106f30facd777bc890974860ea9.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/c8/9827f0bf2e16c840e4f37c7341236da2.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/f4/6c014abceba417ff1a10d00971bc5c88.jpg

妙義山山頂から~

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/68/ac/dc0c126f90b1061614a9a856d654b281.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/f8/4da87f8e4dd89e7ba7b3b560724c4490.jpg

 

いつも、2~3日前にメールで、「ハイキングのお誘い」がくる~
よほど体調が悪くなければ、ほいほいと参加する、、、
なんで、、栃木県まで行って200m、300m級のハイキングなのかと思いきや、
なんでも企画立案してくれる2名は、「駅からハイキング」「温泉とハイキング」というガイドブックを見て、、、
東京から日帰り可能、歩行時間が3時間程度というものを選りすぐってくれているのだと、、、
前回も、日光鬼怒川だったので栃木県、今回も栃木県、関東地方の駅からハイキングを徐々に踏破しつつ???
次はどこになるのか、、、


行きも帰りも、電車でとんだハプニング、
というか、行きは、北千住待ち合わせで、当初予定していた電車まで余裕があったので、少しはやい電車に乗ったのだが、、結局到着時刻は一緒だった。その分乗換駅が変わってきたので、,連絡がうまくいくかのよけいな心配も、、、
帰りは、富田→栃木→南栗橋で乗り換えて東武伊勢崎線[スカイツリーライン]に乗る予定を、一駅手前の「栗橋」駅でみんなでまちがえて降りてしまった。まあ、とんだドジだと、しかし、あわてることなく、駅員さんに尋ねたりで、運良くJRの栗橋駅から「上野東京ライン 沼津行き」に乗ることができた。みんながみんなうっかりするとは、、、なにしろ初めての路線で、「南栗橋」も「栗橋」も区別できず、、、誰も疑わずに一緒に降りてしまった~

今回の教訓は、
反省1 地方の電車は本数が少ないので、予定どおりでないと乗り継ぎの連絡なし、
反省2  みんな降りる駅名は各自で確認しよう、
とんだ珍道中でおもしろかった~

 


 

足利市

 全長約5キロで、眼下に渡良瀬川の清流が流れ、遠くに関東平野を眺望出来る素晴らしいコースです。

 海抜300メートル級の低山コースですが、アップダウンが厳しく、決してあなどれないコースです。

 また、コースの急斜面部分にはロープが張ってあったり、洞窟があるなど、子どもにとっても冒険心をくすぐる楽しいコースとなっています。

 大小山(だいしょうやま)の山頂の崖には、シンボルと言える『大小』の文字板が掲げられています。この文字板は、大小山麓の阿夫利神社(あぶりじんじゃ)に祭られている『大天狗』『小天狗』にちなみ、江戸末期の安政2年(1855年)、無病息災を祈願する周辺住民の手により掲げられました。

 その後、幾度か架け替えられましたが、現在はステンレス製文字板を用いた、一文字7メートル四方、総重量1トン強のものに復元されています。

大小山のシンボル、『大・小』の文字を遠望した写真 大小山のシンボル、『大・小』の文字を見上げた写真

コースの紹介

コースと所要時間

  • (周回コース)阿夫利神社~女坂経由~見晴台~大小山~妙義山~阿夫利神社
  • (尾根伝いコース)阿夫利神社~女坂経由~見晴台~大小山~NHK電波塔~大久保町
  • 所要時間はどちらも約2時間です。

コース上の見どころ

見晴台

あずま屋があり、休憩場所として最適です。

大小山

市街地の眺望がとても素晴らしい所です。

妙義山

眺望がとても良い場所です。下山道はロープもあり、急坂ですので注意してください。

コースの略地図

大小山ハイキングコースのコースの略地図

アクセス

  • JR富田駅より阿夫利神社へ(徒歩20分)
  • 市生活路線バス(富田線)で、富田郵便局前下車(徒歩30分)

駐車場

阿夫利神社駐車場(コースの起点)

お問い合わせ

  • 富田地区観光協会(富田公民館内)Tel.0284-91-0002

 



ちなみに、有名な群馬県の妙義山は~

妙義山 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/妙義山

妙義山(みょうぎさん)は、群馬県甘楽郡下仁田町富岡市安中市の境界に位置する日本三大奇景の一つとされるである。いくつものピークから成り、最高峰は表妙義稜線上の相馬岳(1,103.8m)で、また妙義山系全体の最高峰は裏妙義に聳える谷急山(1,162.1m)となっている。

 


 
スマホにYAMAPというアプリを入れてみた~
けっこう便利な地図アプリである、、、

無料地図ダウンロードが可能、(注意:プレミア地図は有料かな?)
事前に目的の山の地図をダウンロードしておくと、、当日、山のなかでネットにつながらなくてもOKなので、

ネットもGPSもそれぞれ害悪はあるのだろうが、便利に使えるものは利用するのもいいと思う、
自分の歩いたコースが、追跡できる、、、道をそれたり、迷ったときは非常に便利、、
役立つアプリだ、、、スマホのGoogleマップも、カーナビ機能を便利に使っている

GPSも気持ちは悪いが、、、
便利な機能であることは否定できない、

グローバル・ポジショニング・システム - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/グローバル・ポジショニング・システム

グローバル・ポジショニング・システム(英語: Global Positioning System, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C (Loran-C: Long Range ... 

 

最近、パソコンがたびたびクラッシュしてしまって、、、なんだろう、、
何度も途中で消してしまって、やっとこのページを書きあげた~
「Firefox」の不具合か、Mozilla Thunderbird も調子悪し、、、


コメント   この記事についてブログを書く
« 中間貯蔵除去土壌等の減容・... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハイキング、散策」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事