東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

中間貯蔵・環境安全事業(株)の役員の選任について

2017年06月26日 19時11分44秒 |  PCB/ダイオキシンなど

中間貯蔵・環境安全事業(株)の役員の選任について

平成29年6月23日に中間貯蔵・環境安全事業(株)の株主総会及び取締役会が行われ、以下の役員が選任されたので、同日付で環境大臣の認可を行いました。

  • 環境大臣認可対象
    代表取締役社長  谷津龍太郎 (再任)
    代表取締役副社長  山縣秀則 (再任)
    監査役(非常勤)  田中清 (再任)
    監査役(非常勤)  関口恭三 (再任)
    ※参考
    取締役  由田秀人 (再任)
    取締役  瀧本 忠 (再任)
    取締役  吉本範男 (再任)

【参考】 第三者委員会による評価

 特殊会社の役員人事については、「特殊会社の役員人事に関する当面の対応方針について」(平成22年5月18日閣議決定)に基づき、下記のとおり、第三者委員会による役員候補者の評価を受けております。

○構成(計3名)
  • 大学教授(名誉教授)  2名
  • 弁護士  1名
○候補者
谷津龍太郎  (中間貯蔵・環境安全事業㈱代表取締役社長)
山縣 秀則  (中間貯蔵・環境安全事業㈱代表取締役副社長)
由田 秀人  (中間貯蔵・環境安全事業㈱取締役)
瀧本  忠  (中間貯蔵・環境安全事業㈱取締役)
吉本 範男  (中間貯蔵・環境安全事業㈱取締役)
田中  清  (中間貯蔵・環境安全事業㈱監査役)
関口 恭三  (中間貯蔵・環境安全事業㈱監査役)
○評価プロセス
委員会  平成29年4月19日  審査及び評価決定(代表取締役候補者、取締役候補者及び監査役候補者を適切と評価)

 

関連(本ブログ)
■ 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)人事について(お知らせ)、代表取締役社長 谷津龍太郎氏再任 2017年05月30日

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 「秋田メタン発酵ガス化バイ... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PCB/ダイオキシンなど」カテゴリの最新記事