東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

東京都、新たに石巻・混合廃棄物2万5000トン受け入れ、処分業者の募集/アスベスト対策は万全か?

2012年07月25日 17時55分36秒 | 東京23区のごみ
☆写真は環境局「宮城県石巻市の災害廃棄物を処分する業者を募集します」より

■石巻・混合がれき2万5000トン、東京都が受け入れ発表
‎河北新報 - 2012/07/26
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/07/20120726t11009.htm
宮城県は25日、東日本大震災で発生した宮城県石巻市のがれきのうち、解体家屋から出た木くずなどの建設混合廃棄物2万5000トンの処分を、東京 ... 搬出する混合廃棄物は、石巻市内の1次仮置き場から石巻港雲雀野埠頭(ふとう)の2次仮置き場に集約。


東京環境局HP(平成24年7月25日)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2012/07/22m7p300.htm
■宮城県石巻市の災害廃棄物を処分する業者を募集します
(平成24年8月~9月分)

 平成23年11月24日付けで宮城県と締結した「災害廃棄物の処理基本協定」に基づき、宮城県石巻市の災害廃棄物(混合廃棄物)の受け入れ処理を開始いたします。
 宮城県石巻市では、破砕選別プラント及び仮設焼却炉が8月から本格稼動する予定ですが、一部の仮置場には、発酵が進み火災の危険が高まっているものなどがあり、早急に処理を行う必要があります。粗選別処理を行った混合廃棄物について、広域処理の実績がある東京都に処理依頼がありました。
 つきましては、災害廃棄物を処理する産業廃棄物処分業者を募集します。

1. 事業の概要
 宮城県から以下の災害廃棄物(混合廃棄物)の平成24年度分の処理依頼を受けました。
搬出場所 :宮城県石巻市雲雀野(ひばりの)町(雲雀野埠頭二次仮置場)
災害廃棄物の種類、量:混合廃棄物(建設混合廃棄物) 25,000トン
搬出期間(予定):平成24年8月から平成25年3月まで
運搬方法:鉄道貨物輸送
 宮城県石巻市災害廃棄物等の放射能濃度測定結果は別紙のとおりです。

2. 今後のスケジュール
・ 処分業者の公募期間
・ 平成24年7月30日(月曜)から8月3日(金曜)まで
・ 処分業者の決定
・ 8月7日(火曜)(予定)
・ 災害廃棄物処理期間
・ 8月下旬から9月下旬まで
・ 10月~12月分の処分業者の公募
・ 9月(予定)

3. 災害廃棄物処分業者の募集について
 募集要領は、東京都環境局のホームページまたは問い合わせ先の部署で入手できます。


緊急性があるにしても、こうも次々受け入れて、
産業廃棄物処分業者も、日量で処理能力の限度はあるだろうに、
よほど余力たっぷりなのか、
それとも不景気で、都内の産廃は処理するものがないのだろうか~
民間での受入、宮古市は終了して、
処理中は、石巻市の畳と大槌町の混合廃棄物、
そして今回は石巻の混合廃棄物と、 

災害廃棄物、東京都での受入状況

東京都発表資料より作成

これまでの民間事業者集計量
《平成23年度》計画量:11,000t 実績:7,337t(TRP焼却分案分:3,294t)
《平成24年度》計画量:65,250t 6月末実績:9,718t(TRP焼却分案分:5,729t)

================================================================

アスベスト対策など万全なのだろうか、
リサイクルピアなど、そもそも建設廃材なので、
アスベスト含むが前提で、お手の物かもしれないが~



■平成23年度スーパーエコタウン事業(大田区城南島地区)の環境測定結果
平成24年6月 東京都環境局廃棄物対策部
アスベスト部分抜粋
2 石綿(アスベスト)の大気環境測定結果


さすがに、リサイクル・ピア敷地境界は周辺よりも本数多い、
アスベスト混入物の扱いが多いということなのだろう。
万全の対策を望む。リサイクル・ピアは粉じんも固形して再利用ではなかったか?


☆一般環境中測定値(平成23年度)0.27/本Lとなっているが、
環境局HPによると、平成22年度の測定値は江東区で0.52/本L(総繊維数濃度※)で、
但し書きで、
※ 総繊維数濃度とは、アスベスト繊維以外の繊維も含み、長さ5μm以上、幅3μm未満でかつ長さと幅の比(アスペクト比)3:1以上の繊維状物質の濃度。
環境省が定めるアスベストモニタリングマニュアルが平成22年6月に改正され、総繊維数濃度が1本/Lを超えた場合に電子顕微鏡法にてアスベストを同定・計測する方法となった。そのため、平成22年度から総繊維数濃度の年平均値を表示している。
なお、平成22年度は各月のデータで総繊維数濃度が1本/Lを超えたものについて、分散染色を用いた方法によりアスベストの同定・計測を行った。その結果、アスベスト繊維数濃度(クリソタイル・クロシドライト・アモサイト・アンソフィライト・トレモライト・アクチノライト)について、すべて検出下限値未満であった。
詳細は:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/faq/asbestos/index.html#Q5


================================================================

東京スーパーエコタウンホームページ
http://www.ecotown-tokyo.jp/index.html
大田区城南島


中央防波堤内側埋め立て地
東京臨海リサイクルパワー株式会社
流動床ガス化溶融炉 約275t/日×2基
感染性医療廃棄物専焼炉 約50t×2基


日本環境安全事業株式会社

http://www.jesconet.co.jp/





コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 23区 光が丘清掃工場からも排... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事