東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

東京都廃棄物処理計画の改定について

2011年06月30日 20時28分08秒 | 東京23区のごみ
東京都ホームページより

■東京都廃棄物処理計画の改定について
平成23年6月30日 環境局
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KEIKAKU/2011/06/70l6u100.htm
 このたび、東京都環境基本計画に基づく廃棄物分野の主要施策を示す「東京都廃棄物処理計画」を改定しましたので、お知らせします。
 東京都廃棄物処理計画の概要は別添のとおりです。
 また、計画本文は、環境局ホームページに掲載しています。

新たな東京都廃棄物処理計画のポイント
計画期間
 平成23年度から平成27年度まで(5年間)

計画目標
 平成27年度の最終処分量を平成19年度比30%減とする。
 (125万トンに削減)
 内訳:一般廃棄物25万トン・産業廃棄物100万トン

※別添 東京都廃棄物処理計画について(PDF形式:148KB)

■東京都廃棄物処理計画 本文(2 MB)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/attachement/haitai_keikaku2011.pdf


一般廃棄物の埋立計画目標は、しっかりと焼却灰の溶融スラグ化を19年度レベルで計算している。灰溶融処理が進まず、スラグの有効利用もできず、埋立量が増えると、東京都はどうするか?! 東京都は、23区の埋立量の激減で、埋立処理経費の値上げをしたりと、いろいろ大変ではあるが。 産業廃棄物のプラスチックについては埋立半減の計算。まだぱらぱらと気になった部分しかみていないのでとりあえず~

関連(本ブログ)
■東京都廃棄物審議会が答申/5年で最終処分量30%減目指す/CO2削減効果「見える化」を(2011年01月14日)
■東京都廃棄物審議会 中間のまとめに対する意見募集につい(2010年11月16日)




コメント   この記事についてブログを書く
« 第21回 東京PCB廃棄物処理事... | トップ | マイボトル・マイカップキャ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京23区のごみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事