東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

映画 『最高の人生の見つけ方』 The Bucket List

2008年06月27日 22時59分48秒 | 映画・観劇など
■『最高の人生の見つけ方』 「The Bucket List」

公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/

ユナイテッド・シネマ 『最高の人生の見つけ方』関連情報より
http://www.unitedcinemas.jp/toyosu/film.php?film=1117
あらすじ
勤勉実直な自動車整備工と、大金持ちの豪腕実業家。出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一室で出会った。家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)、そして、お金だけは腐るほどあるものの見舞い客は秘書だけというエドワード(ジャック・ニコルソン)。お互いに人生の期限を言い渡されたという以外、共通点は何もない。そんな二人を結びつけたのは、一枚のリスト-棺おけに入る前にやっておきたいことを書き出した、” 棺おけリスト”だった。
「荘厳な景色を見る」「赤の他人に親切にする」「涙が出るほど笑う」・・・と、カーターは書いた。
「スカイダイビングをする」「ライオン狩りに行く」「世界一の美女にキスをする」・・・と、エドワードが付け加えた!
そうして始まった二人の生涯最後の冒険旅行。人生でやり残したことを叶えるために、棺おけに後悔を持ち込まないために、そして、最高の人生だったと心の底から微笑むために、残された時間は6ヶ月。でも、まだ決して遅くない-!

監督:ブ・ライナー
主演: ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー、ビバリー・トッド

●邦題がしっくりこないが…感じることは人それぞれだろうが、なかなかいい映画であった。私も、 Bucket Listとまではいかないが、時々頭をよぎる天の声があり、せっせと身辺整理に精をだすときがある。でもあと6ヶ月となったときには~何が出来るだろうか? けっこういつなんどき逝ってもいいようにと、日々悔いのないようと思いつつ、好きなように生きてはいるが~ 映画の中のカーターのように、私も最後は山に・・派~葬式も、墓も、戒名もいらないと細かくいろんなことをしたためている。

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・観劇など」カテゴリの最新記事