東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

容器包装プラスチック 契約市町村別の契約量・実績量(18、19年)容リ法指定法人ルート

2008年06月18日 23時05分35秒 | 容器包装リサイクル
■契約市町村別の契約量・実績量(18、19年度)を掲載しました。
日本容器包装リサイクル協会HP 2008年6月18日
http://www.jcpra.or.jp/archive/receive/receive01.html

プラスチック製容器包装(その他プラスチック)
市町村 /契約量(A) 実績量(B) B/A 19年度
中野区 / 1260t / 903.7t / 71.73%
杉並区 / 1258t / 1311.6t / 104.26%
葛飾区 / 230t/ 473.8t / 206.03%
江戸川区 /682t/ 822.4t/ 120.59%

●中野区も杉並区も18年度より確実に契約量、実績量が増えている。


■平成19年度PETボトル等の有償入札に係る収入総額約50億3千万円を市町村に拠出しました。
http://www.jcpra.or.jp/00oshirase/pet_yusho080618.html

●すごい金額!それでもまだ輸出の方が高いのかな
ガラス瓶も僅かながら一部有価有りとか~
紙製もゼロ円入札もあるので~ しかし、これで安易に容リ法の対象から外されることは避けたいところ



コメント   この記事についてブログを書く
« プラスチックごみの燃料化、... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

容器包装リサイクル」カテゴリの最新記事