東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

流動床式ガス化溶融炉が相次いで竣工

2010年07月25日 23時23分42秒 | 溶融炉、スラグ
流動床式ガス化溶融炉が相次いで竣工
神鋼環境ソリューション
http://www.kobelco.co.jp/group/news/2010/1183399_8188.html
神戸製鋼グループ報 『コベルコ ニュースネット』No.37 2010年6月号より転載しました。
 神鋼環境ソリューションが2006年度から建設工事を行ってきた、神奈川県相模原市「南清掃工場」と埼玉県川越市「資源化センター熱回収施設」が2010年3月に竣工しました。両施設は「流動床式ガス化溶融炉※」を採用した一般廃棄物処理施設です。
 相模原市「南清掃工場」の処理能力は525t/日(175t/日×3炉)で、一般廃棄物処理施設向け流動床式ガス化溶融炉では国内最大の施設です。また同市北清掃工場から出る焼却灰も受け入れ、溶融による減容、無害化処理を行い、リサイクルの推進と埋立量の軽減にも貢献しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 再再ご案内 第15回 東京とこ... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

溶融炉、スラグ」カテゴリの最新記事