東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

東京から伊賀市に家庭ごみ運ぶトレーラー衝突 名阪国道にごみ散乱 三重・亀山市

2019年07月19日 19時32分09秒 | ごみ全般/環境政策

TBS「三重 トラック横転“ごみ”散乱」から


三重県亀山市の名阪国道でトレーラーがガードレールに衝突し、荷台のコンテナが落下し、積まれていた家庭ごみが道路に散乱下という。


TBSの「三重 トラック横転“ごみ”散乱」をみたときは、どこの家庭ごみだろうかと、、、
コンテナで家庭ごみを運ぶのであれば、自治体に焼却施設などがなくて民間処理施設に委託しているのかな等と、、

関西だと、もしかしたら高島市が、2018年2月で流動床ガス化溶融炉は停止したようで、民間委託先は「三重中央開発株式会社」(大栄環境グループ)となっていたので、、しかし、事故の場所が亀山市の名阪国道下りなので、高島市のごみではない、、、、、

日テレニュースでは「東京から三重県伊賀市のごみ処理場に家庭ごみを運んでいた」という。
動画をみるだけでは、ごみの種類の判別はできないが、不燃ごみでも粗大ごみでもなさそうなので、やはり可燃ごみかなと、、、

東京の市町村で、今のところ、自前の焼却施設を持たないのは小金井市だとおもが、、小金井市も、浅川清流環境組合(日野市、国分寺市、小金井市)での新可燃ごみ処理施設がもうすぐ試運転となる頃かな?、、現状の処理も広域連携で支援してもらっているのかとおもうが?

とすると、、、東京のどこの「家庭ごみ」だろうか?

家庭ごみ運ぶトレーラー衝突 名阪国道にごみ散乱 三重・亀山市
日テレNEWS24 2019年7月19日
 19日、三重県亀山市の名阪国道にごみが散乱、現場は一時騒然となりました。 ... 日午前8時前、亀山市の名阪国道下りの亀山IC付近で、トレーラーがガードレールに衝突、はずみで荷台のコンテナが落下し、積まれていた家庭ごみが道路に散乱しました。

三重 トラック横転“ごみ”散乱
TBS News 2019年7月19日
三重 トラック横転“ごみ”散乱. 三重県亀山市の名阪国道下り線で、50代の男性が運転する大型トラックがガードレールに衝突し、転落したコンテナに入っていた ...

 

一般廃棄物の委託状況、

平成29年度の環境省のまとめによると、、、
焼却処理の委託も、(県内と県外で重複あり)
県内委託で370市町村(21%)、県外委託が107市町村(6%)もある、、
そのうち民間委託は294市町村で16.8%も、、

 

日本の廃棄物処理 平成29年度版)、

(抜粋)

11.ごみ処理の委託状況

(1)ごみ処理区分別の委託状況(平成29 年度実績)

 

 

最終処分に委託も県内で23.3%、県外で6.7%

 

関連(本ブログ)
環境省 『日本の廃棄物処理 平成29年度版』 ごみ総排出量は4,289万トン、1人1日当たりのごみ排出量は920グラム(焼却施設1,103施設、直接焼却率80.3%)2019年04月08日

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 伊賀南部クリーンセンターで... | トップ | 次の記事へ »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無しの産廃担当者)
2019-07-22 09:40:56
前日豪雨の中通ったところ・・・(汗
あの豪雨の中でこの事故が起きてたら、南無いとしか言いようのない惨事だったとしか言いようが無いです。
ちなみに三重中央開発でしたら、名阪国道の白樺インター降りてすぐですから、間違いではないです。その次の治田インター降りてすぐのところにヤマゼンという産廃業者もありますが、一般ゴミの処理(分別必要)ということでしたら、三重中央開発かもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ごみ全般/環境政策」カテゴリの最新記事