1日講習・全国出張!職長教育・安全衛生責任者教育ブログ

全国を渡り歩き、職長教育・安全衛生責任者教育を1日講習で行う愛知のRSTトレーナー。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

職長教育対象業種

2018-06-22 09:11:08 | 日記
(労働安全衛生法施行令19条より)

建設業
製造業(ただし、次に掲げるものを除く)
・食料品・たばこ製造業(うま味調味料製造業及び動植物油脂製造業を除く。)
・繊維工業(紡績業及び染色整理業を除く。)
・衣服その他の繊維製品製造業
・紙加工品製造業(セロフアン製造業を除く。)
・新聞業、出版業、製本業及び印刷物加工業
電気業
ガス業
自動車整備業
機械修理業など。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――




コメント

(2)リーダーシップ能力の習得

2018-06-21 09:10:04 | 日記
職場で発生する1つひとつの具体的問題を解決するために、
必要な技術力の向上を目指すことが必要であるが、
職場には問題は1つではなく、常に多くの問題が同時に
存在するのが一般的である。
したがって、それらを計画的、効率的に解決することも
職場の長として要求されます。


※職場の問題を計画的に確実に解決する為に、
職場のリーダーシップ能力の習得を目指す必要が
あります。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――




コメント

(1)-C:問題点を早期に見つけ、解決する技術力の習得

2018-06-20 09:13:32 | 日記
職長(職場の長)は、職場のキーパーソン(要)かなめとして
良い仕事が出来るように仕事を構成している。


『3要素(人、物および作業)と管理』について、
職場の『不安全状態』や作業者の『不安全行動』を見逃さず、
問題(異常)があれば早期に発見し、解決を計る技術を習得して、
常に正常な状態のものに生産活動を進めることが期待されて
いるのである。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――




コメント

(1)-b:問題点を早期に見つけ、解決する技術力の習得

2018-06-19 09:09:53 | 日記
そして、良い仕事にする為に、生産計画、工程表、各種の標準書の
もとに安全衛生を確保しつつ『管理』がなされている。
しかし、職場では『3要素(人・物・作業)と管理』に問題が発生してます。
安全に限らず、ある時は、品質・能率・原価に問題が生まれ、
良い仕事を行う事が困難になるのであります。
これらの問題解決には、常日頃から=『どの設備が/どの作業が/誰が』
と具体的に問題を特定する事が重要となります。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――




コメント

(1)-a:問題点を早期に見つけ、解決する技術力の習得

2018-06-18 09:26:54 | 日記
職場の問題点を考えるに当たり、仕事の構成要素を考えてみましょう。

仕事は、3つの要素『人・物・作業』&『管理』から成り立っている。
・『人』は作業者。
・『物』は原材料、部品、設備、機械および職場の環境。
・『作業』は、作業の手順・方法である。

※仕事は、ある『職場環境』のもと『設備、現在料等』を使い、
『定められた作業手順・方法に』に従い、『作業者』が働くことより
進められている。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――




コメント