自然ウオッチングセンタースタッフのブログ

北海道札幌で、自然観察や環境教育を通し、自然とのふれあいを進め、自然への理解を深める活動を行っている団体です。

10月24日(水)のっぽろの森自然観察の様子

2018年10月24日 | のっぽろの森自然かんさつ

先月は、9月5日(水)台風21号により中止となりました。その後、遊歩道の閉鎖がつづいていた野幌森林公園ですが、今はほとんどの遊歩道が通れるようになっています。

今年最後の「のっぽろの森自然観察」大沢口~大沢コースを散策しました。

集合の時は雨模様でしたが、雨もやみ、森に入ります。

紅葉シーズンの野幌です。ハウチワカエデやヤマモミジの他、ミズナラも赤くなっているものもありました。

いつの間にか、青空♪ 赤とんぼも、たくさん飛びます。

台風21号の被害です。トドマツの人工林がみごとに倒れていました。

自然の力の凄さに感心しながら、観察。

オオタチツボスミレが間違って咲いていました。

小さなパツラマイマイも発見。

2018年10月24日(水)野幌森林公園で観察したものは、
「植物」サイハイラン、エゾフユノハナワラビ(胞子葉)、カツラ、アカエゾマツ、トドマツ、オノエヤナギ、エゾノコンギク(実)、オオタチツボスミレ(花)、ミミコウモリ(実)、キンミズヒキ など
「その他」ツグミ(声)、アカゲラ(声)、ヒヨドリ、パツラマイマイ、エゾマイマイ、ザトウムシの仲間、アキアカネ など
でした。


次回のっぽろの森自然観察は、4月の予定です。

kamada

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  2018年10月23日(火) さっぽ... | トップ | 10月26日(金)苫小牧「近所の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

のっぽろの森自然かんさつ」カテゴリの最新記事